Rakuten infoseek

辞書

尊敬【ソンキョウ】

デジタル大辞泉

そん‐きょう〔‐キヤウ〕【尊敬】
[名](スル)そんけい(尊敬)」に同じ。
「人望を得て諸人の―を受くるのみならず」〈鉄腸・花間鶯〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そん‐けい【尊敬】
[名](スル)
その人の人格をとうといものと認めてうやまうこと。その人の行為・業績などをすぐれたものと認めて、その人をうやまうこと。「互いに尊敬の念を抱く」「尊敬する人物」
文法で、聞き手や話題の主、また、その動作・状態などを高めて待遇する言い方。→尊敬語

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そんきょう【尊敬】
スル
きょうは呉音
そんけい(尊敬)に同じ。 心に君を-すること猶ほ神に於るが如し/花柳春話 純一郎

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そんけい【尊敬】
スル
人格・識見・学問・経験などのすぐれた人を、とうとびうやまうこと。そんきょう。 -する人物 -の念 -を払う
文法で、話し手が聞き手または話題の中の動作主を敬う言い方。 → 尊敬語

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そん‐きょう ‥キャウ【尊敬】
〙 (「そんぎょう」とも。「きょう」は「敬」の呉音) =そんけい(尊敬)
※性霊集‐八(1079)孝子為先妣周忌図写供養両部曼荼羅大日経講説表白文「四衆之倫、尊敬集法庭
※浮世草子・諸国心中女(1686)四「女よろこびて其後は此夫を生神のやうに尊敬(ソンキャウ)しければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そん‐けい【尊敬】
〘名〙 他人の人格、思想、行為などをすぐれたものとして尊び敬うこと。そんきょう。〔文明本節用集(室町中)〕
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「政事家となりて郷里の人々に尊敬(ソンケイ)せらるるを」 〔礼記‐曲礼上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尊敬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尊敬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.