Rakuten infoseek

辞書

【セン】

デジタル大辞泉

せん【専】
第一であること。何よりも大切なこと。
「体を丈夫にするのが―だよ」〈紅葉金色夜叉
自分の思うままにすること。
「藤原氏、権を―にし」〈福沢文明論之概略

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん【専〔專〕】[漢字項目]
[音]セン(呉)(漢) [訓]もっぱら もはら
学習漢字]6年
他の事はおいてそれだけに集中する。それひとすじ。「専一専攻専属専任専念専門
ひとり占めにする。自分かってに物事をする。「専横専制専断専売専有専用独断専行
「専門学校」の略。「高専
[名のり]あつし・あつむ・たか・もろ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とうめ〔たうめ〕【専】
[副]《「たくめ(専)」の音変化》もっぱら。専一に。
「汝(いまし)―東の国ををさめよ」〈景行紀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せん【専】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せん【専】
一つのことに集中すること。 「体を丈夫にするのが-だよ/金色夜叉 紅葉
ほしいままにすること。 「其の心愈いよいよ-なれば、其の権力愈偏せざるを得ず/文明論之概略 諭吉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とうめ【専】
( 副 )
〔「たくめ(専)」の転〕
もっぱら。 「かれ汝-東の国を領おさめよ/日本書紀 景行訓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん【専】
〘名〙 何をおいても第一とすること。専一のこと。もっぱら。
一言芳談(1297‐1350頃)下「心の専(セン)不専を不論して南無あみだ仏ととなふる声こそ詮要と」
俳諧去来抄(1702‐04)修行「俳諧は新敷趣を専とすといへども、物本性をたがふ」 〔易経‐繋辞上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たくめ【専】
〘副〙 (語源未詳) もっぱら。専一に。とうめ。
※書紀(720)敏達一四年三月(前田本訓)「豈専(タクメ)に蘇我の臣の仏の法を興し行ふに由れるに非ずや」
[補注]音便形と思われる「たうめ(とうめ)」という語形もみられ、老女を意味する「たうめ(とうめ)」との関連があるともいう。→とうめ(専)とうめ(専女)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とうめ たうめ【専】
〘副〙 (「たくめ(専)」の変化した語) もっぱら。専一に。
※書紀(720)景行五六年八月(北野本南北朝期訓)「故(かれ)に汝(いまし)東国(あつまのくに)を専(タウメ)(おさ)めよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もっぱら【専】
(「もはら」の変化した語。「純」「一」とも書いた)
[1] 〘形動〙 他のことをさしおいて、それに集中するさま。また、そのことを主たること、肝要なこととするさま。
※五音曲条々(1429‐41頃)「松風村雨の後段、はん女、みそきかは、是等はみなれんぼのもっぱら也」
[2] 〘副〙 他の事態や行為をさしおいて、ひたすら、その事態であるさま、ひたすらその行為を行なうさまを表わす語。ただひたすら。一途に。むはら。
撰集抄(1250頃)七「もっぱらたすけける人ぞとまらぬをや、と思ひしかば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もはら【専】
[1] 〘形動〙 =もっぱら(専)(一)
※蜻蛉(974頃)下「このごろ庭もはらに花ふりしきて」
[2] 〘副〙
※天理本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「普光寺の僧、栖玄、徳行を淳(モハラ)修め」
② (否定表現を伴って) 行為や事態が絶対に成立しがたいことを表わす語。全く。決して。全然。
※竹取(9C末‐10C初)「もはら、さやうの宮仕へ仕うまつらじと思ふを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

専の関連情報

他サービスで検索

「専」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.