Rakuten infoseek

辞書

専用【センヨウ】

デジタル大辞泉

せん‐よう【専用】
[名](スル)
特定の人だけが使うこと。「会員が専用するプール」
ある特定の目的・対象だけに使うこと。「洗顔専用のクリーム」
それだけをもっぱら使うこと。
「一種の器械を―するは、四種の器械を兼用するの利に若かざるは」〈竜渓経国美談

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せんよう【専用】
( 名 ) スル
ある特定の人だけが使用すること。 ⇔ 共用 「マンション居住者が-する駐車場」
ある特定の目的だけに使用すること。 ⇔ 兼用 「自動車-の道路」
特定の品物だけを使うこと。 「外国の化粧品を-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐よう【専用】
〘名〙
① それだけをもっばら用いること。また、何よりも大切なこと。
※サントスの御作業(1591)一「Prophetia ヲ トグベキ コト xenyô(センヨウ)ナリ」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「一種の器械を専用するは四種の器械を兼用するの利に若かざる」 〔宋書‐恩倖伝〕
② ある特定の目的、または対象のためだけに用いること。また、ある人だけが使用すること。
※日本道徳論(1887)〈西村茂樹〉五「今仮りに人心を以て千斤の力ありと仮定するとき、心を一業に専用するときは千斤の力は皆其業の上に注ぐなり」
※蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「彼等の専用の通行路ですな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

専用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

専用の関連情報

他サービスで検索

「専用」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.