Rakuten infoseek

辞書

封印木【フウインボク】

デジタル大辞泉

ふういん‐ぼく【封印木】
化石の木生シダ鱗木(りんぼく)類の一種で、石炭紀から二畳紀にかけて栄えた。高さ約30メートル、がなく、頂端に細長いを密につけ、その葉の落ちたが六角形または菱形封印に似る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふういんぼく【封印木 Sigillaria】
ヒカゲノカズラ類(小葉類)に属する絶滅シダ植物の1属(イラスト)。シギラリアともいう。約3億年前の古生代後期石炭紀から二畳紀にかけて生育し,石炭紀湿地林の一構成木として鱗木蘆木とともに繁栄した。20~30mに達する巨木で長い樹幹は無枝,最上部で2~3回叉(さ)状分枝して樹冠を作る。の中心柱は著しい二次肥大生長を行う。葉は非常に長く1mに達するものもあり,広線形で単脈または2脈。葉の落下した跡の葉枕は縦に並ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふういんぼく【封印木】
古生代石炭紀に栄えた巨大な木本性シダ植物。茎は円柱状で、葉の落ちた跡が縦に並ぶ。石炭の主な原木の一。シギラリア。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふういん‐ぼく【封印木】
〘名〙 古生代石炭紀に栄えた化石シダ植物。鱗木の一種。幹は高さ三〇メートル、径六〇センチメートルに達し、表面に葉の脱落した痕が密に六角形の印形様の模様として残るのでこの名がある。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

封印木
ふういんぼく
シギラリア」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

封印木
ふういんぼく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

封印木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

封印木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.