Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

対策【タイサク】

デジタル大辞泉

たい‐さく【対策】
[名](スル)
相手の態度や事件の状況に対応するための方法・手段。「人手不足の対策を立てる」「対策を練る」「税金対策
律令制で、官吏登用試験の一。文章(もんじょう)博士が問題を出して文章得業生(とくごうしょう)に答えさせるもの。また、その答案

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいさく【対策】
中国の官吏登用試験(科挙)において,天子の策問に対する受験者の答えを対策と言った。中国の制度をとした日本の律令制にも,秀才明経,進士,明法の4科の国家試験が規定されているが,これらの試験を受けて問題に答えること,およびその答案を対策あるいは献策と称した。試験は式部省監督のもとに行われ,午前6時ごろに問題が出され,当日のうちに答案を作成して提出する定めであった。《経国集》には慶雲年間(704‐708)から延暦年間(782‐806)に至る,秀才科や進士科のものと見られる対策の実例が収録されているが,それらの問題は政治道徳に関するものが多く,中には新羅との外交政策を問う時事問題も含まれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

対策
たいさく

令制の官吏登用試験において、貢人(ぐにん)(国学からの推挙者)と挙人(こにん)(大学からの推挙者)が、出題された「策」に「対(こた)」えること。とくに秀才、進士(しんし)の二つの試験で出題される問題はそれぞれ方略策(ほうりゃくのさく)、時務策(じむのさく)と呼ばれた。平安時代に入って文章得業生試(もんじょうとくごうしょうし)が成立すると、対策は秀才試を受験することを意味するようになった。

[古藤真平]

『桃裕行著『上代学制の研究』修訂版(1994・思文閣出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐さく【対策】
〘名〙
① 令制での、官人登用試験の方法の一つ。問頭博士(主任試験官)が策問(試験問題)を出し、漢文の答案を書かせること。また、その答案。令に秀才・進士(しんじ)の候補者にそれぞれ方略策と時務策とを課する規定があり、文章得業生(もんじょうとくごうしょう)が置かれてからは、文章生から文章得業生になろうとするものと、文章得業生として一定の年数を経てその成績を認められたものとにこれが課せられるものとされた。
※経国集(827)序「賦十七首、詩九百十七首、序五十一首、対策三十八首、分為両帙、編成廿巻
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「同じくつくれるたいさくの、思ふまま答へたる、たいさくの文ども、おもしろく興有りて」 〔梁簡文帝‐安成蕃王墓誌銘〕
② 相手の態度や事件の状況に応じて、とる方法や手段。
※梁川星巖宛吉田松陰書簡‐安政五年(1858)五月一五日「小生之画計は別紙対策並愚論之通に御座候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐そう タウサウ【対策】
〘名〙 「たいさく(対策)」の変化した語。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「家・かまどなくして便りなからん人、〈略〉しきじにも入り、とうさうし、及第し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐しゃく【対策】
〘名〙 =たいさく(対策)色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

対策」の用語解説はコトバンクが提供しています。

対策の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.