Rakuten infoseek

辞書

対照【タイショウ】

デジタル大辞泉

たい‐しょう〔‐セウ〕【対照】
[名](スル)
二つの事物を照らし合わせて比べること。「訳文を原文と対照する」「対照表」
全く性質の違う物どうしを並べ比べたとき、その違いがきわだつこと。また、その取り合わせ。コントラスト。「明と暗がおもしろい対照をなす」「対照の妙」
[用法]対照・対比――「筆者が違う同一人物の伝記を対照(対比)して読む」「色の対照(対比)が鮮やかだ」など、比べ合わせるのでは通じて用いられる。◇違いがきわだつの意では「対照」の方が多く使われる。「二人の性格は剛と柔のいい対照だ」「対照の」などでは「対比」は用いない。◇「対比」は、二つ以上のものを比べて、その違いをはっきりさせる意で多く使われる。「目標数と達成数を対比したグラフ」◇類似の語「比較」は、比べ合わせて違いを考える意では最も広く使われる。「昨年同期物価と比較する」「比較にならない実力の差」などでは、普通「対照」「対比」は使わない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいしょう【対照】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいしょう【対照】
スル
比べ合わせること。照らし合わせること。 比較-する -表
contrast 二つのものの相違点が著しく際立っていること。コントラスト。 -の妙を示す

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐しょう ‥セウ【対照】
〘名〙
① 照らし合わせること。くらべ合わせること。見くらべること。対比。
※蘭学逕(1810)「凡和蘭の医書を読んと欲せば、初に先づ字体、音韻〈略〉対照の訳例、兼て薬品の名を会し」
② 対立する事物を並べたとき、それぞれの特徴があざやかに発揮されて、著しい違いが目立つこと。とりあわせ。コントラスト。
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉四一「厚い濃い緑の葉は、黄い寒菊の小さいのと趣に富んだ対照をなした」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

対照」の用語解説はコトバンクが提供しています。

対照の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.