Rakuten infoseek

辞書

【ジ】

デジタル大辞泉

じ【寺】
てら。多く接尾語的に用いて寺院を数えるのに使う。「末寺数百を数える本山」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ【寺】[漢字項目]
[音](呉) [訓]てら
学習漢字]2年
〈ジ〉
てら。「寺院寺号社寺僧寺尼寺(にじ)廃寺仏寺末寺
役所。「鴻臚寺(こうろじ)
〈てら(でら)〉「尼寺(あまでら)禅寺山寺

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てら【寺】
《礼拝所の意の朝鮮語chyölからとも、長老の意のパーリ語theraからともいう》またはが住み、仏像を安置して、仏道を修行し、仏事を行う建物。寺院。精舎。伽藍(がらん)。
延暦寺を「山」というのに対して)園城寺(おんじょうじ)のこと。
住職
「去る―の仰せらるるは、…寺役(じやく)も勤めにくし」〈咄・御前男・二〉
寺子屋」の略。
「―に上げて手習ひをさすれども」〈仮・浮世物語・一〉
博打(ばくち)を開帳している場所。
「―が大纏のかしらでも、もらふの引くのといふこたあ、五分でもならねい」〈洒・自惚鏡〉
寺銭(てらせん)
「此の親父へ人をよこして、―をしてくれると思って」〈浄・矢口渡
[下接語](でら)尼寺氏(うじ)寺縁切り寺女寺駆け込み寺禅寺檀那(だんな)寺知行(ちぎょう)寺投げ込み寺野寺古寺宮寺無縁寺・門徒寺・山寺脇(わき)寺

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てら【寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じ【寺】
( 接尾 )
助数詞。寺院の数を数えるのに用いる。 「末寺三千 -」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てら【寺】
〔朝鮮語チョルからという〕
本堂などの建物を備え、僧尼が居住して、法事や修行を行うための施設。私的な性格の強い庵や特定の修行を目的とする道場に対し、一定の設備を持つ、より正式な宗教施設。伽藍がらん。精舎しようじや
各種の仏教上の建物や施設の呼称。
寺の住職。寺の僧。 「さる-のなづみ給ひ三年切て銀三貫目にして/浮世草子・一代女 2
寺子屋」に同じ。 「 -に上げて手習をさすれども/仮名草子・浮世物語」
博打ばくちを開帳する宿。また、寺銭。 「 -の銭皆はり込み/浄瑠璃・夏祭」
(比叡山延暦寺を「山」というのに対して)園城寺おんじようじ(三井寺)の称。寺門。
[句項目] 寺から里へ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔福井県〕寺(てら)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


てら

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ【寺】
〘名〙
① 役所。官衙(かんが)。〔説文解字‐巻三下・寸部〕
てら。寺院。また、接尾語的に用いて寺院を数えるのに用いる。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「この近きみやこの四十寺にきぬ四百疋をわかちてせさせ給」 〔杜牧‐江南春詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てら【寺】
[1] 〘名〙 (chyöl (礼拝所)、char (刹)または、thera (長老)からという)
① 仏像を安置し、僧や尼が住み、仏道の修行や仏事を行なう建物。中国では、もと外国の使臣を遇する役所の意であったのが、後漢の明帝の時白馬寺を建立してから寺院をも呼ぶようになったという。寺院。精舎。伽藍(がらん)。蘭若(らんにゃ)。梵刹(ぼんせつ)。じ。
※書紀(720)推古二年二月(岩崎本室町時代訓)「各君親の恩(めくみ)の為に、競ひて仏の舎(テラ)を造る。即ち是を寺と謂ふ」
※蜻蛉(974頃)中「申(さる)のをはりばかりに、てらの中(うち)につきぬ」
② 寺の住職。寺の僧。住持。
※浮世草子・好色一代女(1686)二「さる寺(テラ)のなづみ給ひ、三年切て銀三貫目にして、大黒さまになりぬ」
③ 「てらこや(寺子屋)(一)」の略。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「寺(テラ)に上げて手習をさすれども」
④ 賭博(とばく)を開いている場所。博打宿。寺屋。また、その賭博を主催している人。胴元。
※洒落本・自惚鏡(1789)きをい「てらが大纏のかしらでも、もらうの引くのといふこたあ、五分でもならねい」
⑤ 「てらせん(寺銭)」の略。
※浮世草子・万の文反古(1696)四「てらばかり拾五六貫目春中に取申候」
[2] 特に、園城寺(三井寺)をいう。比叡山延暦寺を山(やま)というのに対していう。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘六年「教化(けうげ)おこなふ所、山・寺の作法うつして、大懺悔す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寺の関連情報

他サービスで検索

「寺」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.