Rakuten infoseek

辞書

寺田寅彦【てらだとらひこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寺田寅彦
てらだとらひこ
[生]1878.11.28. 東京
[没]1935.12.31. 東京
物理学者,随筆家。筆名,吉村冬彦藪柑子ほか多数。第五高等学校を経て 1903年東京大学物理学科卒業。五高在学中から夏目漱石を知り,終生その門下であった。実験物理学を専攻し 16年東大教授。同大学の地震研究所,理化学研究所などに関係したが,病気療養中の 20年頃から本格的に写生文を書きはじめ,20年の『病室の花』以後,『冬彦集』 (1923) ,『藪柑子集』 (23) ,『万華鏡 (カレイドスコープ) 』 (29) ほか多くの著書を刊行。的確な写生表現力,人間関係への強い関心,自然科学の知識を根底におく精細な観察力などにより,理知と抒情を高次元で統一した独自な作風を示した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てらだ‐とらひこ【寺田寅彦】
[1878~1935]物理学者・随筆家。東京の生まれ。筆名、吉村冬彦・藪柑子(やぶこうじ)など。地球物理学気象学などを研究。また、夏目漱石に師事し、「ホトトギス」に俳句・写生文を発表。のち、独自の科学随筆を多く書いた。随筆集「冬彦集」「藪柑子集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

寺田寅彦 てらだ-とらひこ
1878-1935 明治-昭和時代前期の物理学者,随筆家。
明治11年11月28日生まれ。ドイツに留学。大正5年東京帝大教授。理化学研究所などの所員をかね,実験物理学,応用物理学,地球物理学など幅ひろい研究を展開した。6年学士院恩賜賞。また夏目漱石(そうせき)に師事し,「藪柑子集(やぶこうじしゅう)」などの随筆をのこす。昭和10年12月31日死去。58歳。東京出身。東京帝大卒。筆名は吉村冬彦。俳号は藪柑子,寅日子など。
【格言など】天災は忘れた頃にやってくる

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

寺田寅彦
1878〜1935(明治11年〜昭和10年)【物理学者・随筆家】「天災は忘れたころにやってくる」は至言。 バイオリンと絵画を愛した世界的物理学者。明治〜昭和期の物理学者・随筆家。東京都出身。東大卒。五高在学中に夏目漱石と知己を得る。「尺八の音響学的研究」で理学博士。1913年(大正2)結晶によるX線回折の実験で世界的に知られる。1916年東京帝国大学教授。その後地震研究所で地震予防と防災の研究を進めるかたわら、ガラスの割れ目、墨流し金米糖の生成などユニークな研究活動を続けた。「天災は忘れたころにやってくる」の有名な警句を残し、優れた随筆家としても知られる。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てらだとらひこ【寺田寅彦】
1878‐1935(明治11‐昭和10)
物理学者,随筆家。東京生れ。幼時を父の郷里の高知ですごす。五高在学中に田丸卓郎(1872‐1932)によって自然科学への眼を開かれる。1903年東京帝国大学理科大学卒業。09年東大助教授となり,この年より11年までドイツへ留学。16年教授。理化学研究所,東大航空研究所,地震研究所などにおいて実験物理学,地球物理学の研究にしたがい,各分野に独創的な業績をのこした。X線による結晶構造解析(ラウエ斑点)の開拓的な研究は著名で,17年学士院恩賜賞受賞。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てらだとらひこ【寺田寅彦】
1878~1935) 物理学者・随筆家。東京生まれ。筆名は吉村冬彦・藪柑子やぶこうじなど。東大教授。物理学・地球物理学・地震学・気象学・海洋学などの研究に従事するかたわら、夏目漱石に師事し「団栗」「竜舌蘭」など写生文や小品に新生面をひらいた。代表随筆集「冬彦集」「藪柑子集」「万華鏡」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

寺田寅彦
てらだとらひこ
(1878―1935)
物理学者、随筆家。実験物理学、気象学、地球物理学に業績をあげ、また活発な文筆活動を展開し多数の随筆や俳諧(はいかい)作品を残した。東京で生まれ、高知で育ち、熊本の第五高等学校で田丸卓郎(たくろう)に物理を、また夏目漱石(そうせき)に英語、俳句を学んだ。東京帝国大学理科大学物理学科を1903年(明治36)に卒業、大学院で物理の実験研究に携わった。尺八の音響学的実験研究の論文で理学博士となる。1909年、東大助教授になり、外遊してドイツほかヨーロッパ各地とアメリカを訪ね、1911年帰国した。翌1912年末ごろからX線の結晶透過の実験に着手し、1913年(大正2)イギリスおよび日本の学術誌に報告文を発表して、結晶格子中の網平面によるX線反射の条件を論じた。これは、いわゆるブラッグ条件と密接に関係する業績であって、協力者であった西川正治(しょうじ)とともに1917年の学士院恩賜賞の対象となったが、ブラッグに後れたとしてまもなくこの方面の研究から遠ざかった。
 それ以後、東大航空研究所、理化学研究所、東大地震研究所に在籍、流体、コロイド、粉体、放電、破壊、燃焼、視覚などにかかわる実験や考察を多角的に展開し、また地震・火災の害や防災について論じた。一貫する関心事は、従来の決定論的な枠組みに入りきれない不安定現象、統計的現象、形態など新しい物理学の建設であったといえる。
 その特徴ある科学観を底流として、吉村冬彦、藪柑子(やぶこうじ)などの筆名で随筆をよくし、初期の『冬彦集』(1923)、『藪柑子集』(1923)のほか、多くの随筆書がある。死後『寺田寅彦全集』(文学編16巻・1936~1938、科学編6巻・1938~1939)が刊行された。[高田誠二]
『安倍能成・小宮豊隆他編『寺田寅彦全集』全17巻(1960~1962/再刊・1985・岩波書店) ▽小宮豊隆編『寺田寅彦随筆集』全5冊(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てらだ‐とらひこ【寺田寅彦】
物理学者・随筆家。東京出身。東京帝国大学卒。筆名は吉村冬彦・藪柑子・牛頓(にゅうとん)他。地球物理学・実験物理学を研究し、東大教授となる。五高在学中より夏目漱石に師事、多くの随筆・俳句を発表、近代文学史上の代表的な随筆家と目される。著作「冬彦集」「藪柑子集」「蒸発皿」など。明治一一~昭和一〇年(一八七八‐一九三五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺田寅彦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寺田寅彦の関連情報

関連キーワード

チャイコフスキーおもなお雇い外国人エジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)エアトン残存主権自由民権メンデンホール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.