Rakuten infoseek

辞書

【すん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


すん
尺貫法」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き【寸】
[接尾]
古代における長さの単位の一。後世の曲尺(かねじゃく)寸(すん)に相当する。
「御歯の長さ一―(ひとき)」〈・下〉
古く、馬の丈(たけ)を測るのに用いる語。4尺を基準とし、それより1寸、2寸、…8寸と高ければ、それぞれ「ひとき」「ふたき」…「やき」といい、9寸以上は「丈に余る」という。また、3尺9寸は「かえりひとき」という。
「黒栗毛なる馬の、たけ八―あまりばかりなる」〈宇治拾遺・七〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すん【寸】
尺貫法の長さの単位。1寸は1尺の10分の1で、約3.03センチ。
長さ。寸法。「足らず」
ごく短いこと。また、ごく少ないこと。
「彼をふるい此を移せど―の紙だになし」〈蘆花不如帰
近世の遊里で、局女郎(つぼねじょろう)揚げ代を表す語。1寸が1匁または100文にあたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すん【寸】[漢字項目]
[音]スン(呉) [訓]き
学習漢字]6年
長さの単位。尺の10分の1。「寸陰寸尺方寸
長さ。「寸法原寸同寸
ごくわずか。「寸暇寸志寸時寸借寸前寸断寸評
[難読]寸寸(ずたずた)寸銅(ずんどう)寸銅(ずんど)一寸(ちょっと)燐寸(マッチ)八寸(やき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すん【寸】
尺貫法の長さの単位。古代中国から,また日本でも大宝令以前から用いられてきた。1/10尺に等しく,1891年制定の度量衡法では1/33m,すなわち約3.03cmで,分量単位は1/10寸の厘,以下,十進法による毛,糸である。また鯨尺1寸は鯨尺1/10尺に等しく,約3.8mmで,分量単位は1/10寸の鯨尺分である。【三宅 史】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

き【寸】
古代の長さの単位。のちの寸すん(約3.03センチメートル)とほぼ同じ長さ。 「御身の長たけ九尺二ここのさかあまりふたつ-半/古事記 中訓
馬の丈たけを測るのに用いた語。長さは「すん」に同じ。標準となる四尺を略して、四尺一寸を「ひとき」、四尺二寸を「ふたき」、三尺九寸を「返りひとき」などといった。 「黒栗毛なる馬の、丈たけ八-あまりばかりなる/宇治拾遺 7

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すん【寸】
尺貫法の長さの単位。一尺の10分の1。約3.03センチメートル。
長さ。丈たけ。 「 -が足りない」 「 -は一尺四寸五分/浄瑠璃・長町女腹切
ごくわずかな数や量。 「 -の間」 「 -の油断も候はず/御伽草子・猫」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すん【寸】
【寸】 [音] スン
尺貫法における長さの単位。 「寸尺・方寸」
長さ。 「寸法・原寸・採寸」
ごく短い。ごく少ない。 「寸陰・寸暇・寸劇・寸毫すんごう・寸刻・寸志・寸借・寸断・寸鉄・寸分・尺寸せきすんしやくすん)」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

すん【寸】
長さの単位。1寸は1尺の10分の1。約3.03cm。中国では古代から、日本でも8世紀から使われた。1寸の長さは時代によって異なり、もともとは、親指にちなんだ長さだったとされている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


すん
尺貫法の長さの単位。尺の10分の1をいう。現行の曲尺(かねじゃく)の1寸は33分の1メートルである。中国古代から用いられてきたが、時代により尺の長さに変化があったため、寸も一定していなかった。『大戴礼(だたいれい)』に「布指知寸」とあり、この「指」は親指をさし、「寸」は親指を当てたくらいの長さとしている。このことから、尺とは独立に発生したものと思われる。[小泉袈裟勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き【寸】
〘接尾〙
① 古代での長さの単位の一つ。近年の寸(すん)(=約三センチメートル)に相当する。
※古事記(712)下「御歯の長さ一寸(ひとき)、広さ二分(ふたきだ)
② 昔、馬の丈(たけ)を測るのに用いた語。馬は、四尺を標準として馬長(うまたけ)といい、それ以上の場合、一寸(ひとき)、二寸(ふたき)、七寸(ななき)、八寸(やき)などといった。九寸(一説に八寸)以上を、「丈(たけ)に余る」という。三尺九寸は「かえり一寸」という。一説に四寸から七寸までに限っていったという。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「むまのたけ八きばかりなる一つ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すん【寸】
〘名〙
① 尺貫法で長さの単位。一尺の十分の一。一分の十倍。一寸は、明治八年(一八七五)以来の、折衷尺を基準とする曲尺(かねじゃく)では、約三・〇三センチメートル。くじら尺では、約三・七九センチメートル。
※令義解(718)雑「凡度。十分為寸。十寸為尺。十尺為丈」
※源氏(1001‐14頃)若菜上「御くしの裾までけさやかに〈略〉いと美しげにて七八寸ばかりぞ余り給へる」 〔大戴礼‐主言〕
② 長さ。寸法。
※花鏡(1424)時節当感事「顔の持ちやう、貴人の御顔にあてて、そのすんに持つべし」
※春泥(1928)〈久保田万太郎〉向島「ああ、あの女形の。━寸(スン)のちょいと短い」
③ 短いこと。少ないこと。
※曾我物語(南北朝頃)四「五郎もかげのごとくすんもはなれずして、もろともにとほりけり」
※俳諧・父の終焉日記(1801)五月二日「父の寸のゆがみをとがめて、三従の戒をわすれたり」 〔老子‐六九章〕
④ 手首の下の動脈のうつ箇所のこと。患者の橈骨(とうこつ)動脈の茎状突起部に、医者の反対側の中指の指頭をおき、無名指・食指を添え、そのおのおの当たっている箇所を、関部、寸部、尺部という。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)二「人の両の手に寸(スン)・関・尺の三部」
近世、江戸の吉原その他で、局女郎(つぼねじょろう)の揚代を表わすのに用いる語。一寸が一匁(または、百文)にあたる。
浮世草子御前義経記(1700)一「位は一を一寸とも月ともいふ、二は二寸とも影ともいふ」
⑥ カブ賭博で、数を数えるのに用いる語。数によってつかない場合もあり、地方によって異なる。
※浮世草子・御前義経記(1700)八「四郎三郎はつけ目出入なしとあたまから、三郎左衛門は七すん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寸の関連情報

他サービスで検索

「寸」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.