Rakuten infoseek

辞書

【チョウ】

デジタル大辞泉

ちょう【×寵】
特別にかわいがること。また、非常に気に入られること。寵愛。「主君のをほしいままにする」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう【寵】[漢字項目]
人名用漢字] [音]チョウ(漢)
いつくしむ。いつくしみ。「恩寵天寵
気に入ってかわいがる。お気に入り。「寵愛寵姫(ちょうき)寵児寵臣内寵
[名のり]うつくし・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょう【寵】
特別にかわいがられること。気に入られること。めぐみ。いつくしみ。 -を得る 天子の-を一身に集める

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう【寵】
〘名〙 めでいつくしむこと。特別にかわいがること。また、非常に気に入られること。気に入り。寵愛。
※続日本紀‐天平宝字八年(764)九月丙午「飽承厚寵。寵極禍満。自陥淫刑
※太平記(14C後)二二「后三千の列に勝れ、一人の寵(テウ)厚かりし其恩情を棄て」 〔春秋左伝‐隠公四年〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐・する【寵】
〘他サ変〙 ちょう・す 〘他サ変〙 愛する。かわいがる。いつくしむ。なさけをかける。君主などが特別に目をかけてかわいがる。
※今鏡(1170)七「そのこはなりまさのきみとて、ちそく院の入道おとど、てうし給人にておはすと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐・す【寵】
〘他サ変〙 ⇒ちょうする(寵)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.