Rakuten infoseek

辞書

審議会【しんぎかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

審議会
しんぎかい
deliberation council
国において,府,省,委員会および庁の各行政機関におかれる諮問,調査などのための合議制機関 (国家行政組織法8) 。たとえば税制調査会運輸審議会など。また普通地方公共団体において,その執行機関におかれる調停,審査,諮問,調査などのための合議制機関 (地方自治法 138条の4,202条の3) 。たとえば地方社会福祉審議会,私立学校審議会などがある。主として行政に関する国民の参加,行政の民主化を理由に設けられ,行政組織内では多少とも独立性を有している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

審議会
国家行政組織法第8条を基本的根拠として、法律ないし政令により内閣や各省庁には、多数の審議会が設けられている。審議会は、行政機関への民意の反映や専門的知識の導入などが設置の根拠とされているし、それが期待されてもいる。しかし、多くの審議会は独自の事務局を持つものでなく、行政機関によって事務が担われている。審議会が、官僚制の「隠れミノ」との批判を受けるゆえんである。審議会は一般に、行政課題や政策の方向について審議することを主たる機能とするが、第三者的立場から利害の調整を図ることを機能としているものもある。審議会の総数は1999年度末で211あったが、2001年1月の中央行政機構の改革に伴って90に削減されたものの、04年には100となっている。
(新藤宗幸 千葉大学法経学部教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

しんぎ‐かい〔‐クワイ〕【審議会】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんぎかい【審議会 advisory committee】
行政組織における諮問的な合議制の機関。大臣などの諮問に応じ,重要政策などについて調査審議を行い,その結果を助言,勧告するのが典型的なものである。同じく合議制の機関でも,それ自身が行政権を行使する行政委員会と異なり,その答申とか決議は法的拘束力をもたない。国または地方公共団体の行政機関に付属して設けられる。政策決定権者に対する諮問的合議制機関は社会の多様化・専門化を背景に各国で広く見られるようになり,日本でも第2次大戦前から委員会,審議会の名称で設置されていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんぎかい【審議会】
行政機関が特定の政策や運営方法についての意思決定にあたって設置する合議制の諮問機関。設置には法令上の根拠が必要。 → 私的諮問機関

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

審議会
しんぎかい
advisory committee
審議会とは、行政機関が意思決定を行う際に意見を求める合議制の機関である。審議会は、国においては、省、委員会、庁に、法律の定める所掌事務の範囲内で、法律または政令の定めるところによって設置することができる(国家行政組織法8条)。法制審議会中央教育審議会や電波監理審議会などがある。1983年(昭和58)の国家行政組織法改正以前では、法律によってのみ設置することができた。地方公共団体においては、地方公共団体の執行機関(長、委員会、委員)に付属機関として、法律または条例によって審議会を設置することができる(地方自治法138条の4第3項)。地方社会福祉審議会、都道府県都市計画審議会等がある。
 審議会の意思決定(意見、答申)は、行政内部において意味をもつにとどまる。審議会は対外的決定権をもたない。この点で行政委員会とは異なる。審議会の意見(答申)が、意見を求めた行政機関を法的に拘束するかどうかによって、審議会は、諮問機関(法的拘束力をもたない)と参与機関(法的拘束力をもつ)に分類される。
 また、法律または条例によって設置される審議会のほかに、国にあっても地方公共団体にあっても、「研究会」「懇談会」などとよばれる事実上の審議会が多用される。いわゆる「私的」諮問機関とよばれるものである。審議会についての問題点として、多面的な国民、住民参加を保障するシステムになっていないこと、委員の選任のあり方、行政の正当化機能に資する面があることなどが指摘されることも多い。
 なお、審議会について、2001年(平成13)1月の中央省庁再編に伴い、活動の実績が乏しいもの、設置の必要性が著しく低下しているものは基本的に廃止する等の方針に基づいて整理・合理化が進められている(中央省庁等改革基本法30条参照)。たとえば、科学技術・学術審議会は、航空・電子等技術審議会、海洋開発審議会、資源調査会等科学・技術関係の6審議会の機能を整理統合して2001年1月文部科学省に設置され、経済産業省の産業構造審議会は、再編前の産業構造審議会、工業立地及び工業用水審議会、商品取引審議会等10の審議会を整理統合したものである。[平田和一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんぎ‐かい ‥クヮイ【審議会】
〘名〙 行政機関に付置され、特定の事項につき審査し評議する合議制の機関。特に、国の行政機関に付置され、特定の事項について行なう場合にいう。
※地方自治法(1947)一三八条「審査会、審議会、調査会その他の調停、審査、諮問又は調査」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

審議会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

審議会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.