Rakuten infoseek

辞書

審級【シンキュウ】

デジタル大辞泉

しん‐きゅう〔‐キフ〕【審級】
訴訟事件を異なる階級裁判所で反復審判させる場合の裁判所間の序列。日本の司法制度は原則として三級をとる。→三審制度

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんきゅう【審級】
同一の事件が,上訴を通じて何回か繰り返して審判されるとき,その一つ一つを審級という。例えば,控訴上告が許されている場合には,第一審,控訴審上告審のそれぞれが審級となる。一定の種類の事件について,法律上,どのような審級が用意されているかを審級制度という。最も単純な審級制度は,第一審限りで上訴をまったく認めない一審制であるが,これは近代的な司法制度の中では例外的である。現在は,二審制または三審制がほとんどである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんきゅう【審級】
訴訟事件を、異なる段階の裁判所で繰り返し審判する制度における裁判所間の審判の順序・上下の関係。日本では三審級をとっている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

審級
しんきゅう
裁判所に上下の階級を設け、下級裁判所の裁判に対し上級裁判所へ不服を申し立てることを認め、同一訴訟事件を異なる階級の裁判所で反復審判する上訴制度における裁判所間の審判の順序、上下の関係を審級という。日本の司法制度は裁判所に4階級(簡易裁判所・地方裁判所・高等裁判所・最高裁判所)を設けているが、訴訟上は原則として三審制をとっている。[内田武吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐きゅう ‥キフ【審級】
〘名〙 ある訴訟事件を異なる階級の裁判所で繰り返し審判させる場合、その裁判所間の審判の順序、上下の関係をいう。日本では、三審級を原則としている。→三審制度
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)八九条「各審級に於て支出す可き訴訟費用の額を標準と為す可し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

審級」の用語解説はコトバンクが提供しています。

審級の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.