Rakuten infoseek

辞書

審理【シンリ】

デジタル大辞泉

しん‐り【審理】
[名](スル)
事実や条理を詳しく調べて、はっきりさせること。
裁判の対象になる事実関係および法律関係を裁判所が取り調べて明らかにすること。「事件審理する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しんり【審理】
スル
取り調べをして、物事のすじみちを明らかにすること。 事件を-する
裁判の基礎となる事実関係や法律関係を明確にするために、裁判所でなされる一切の取り調べ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐り【審理】
〘名〙
① 事実や条理をくわしく調査し、あきらかにすること。
② 裁判所などが、ある事柄の事実関係および法律関係を取り調べて明らかにすること。
※伊藤特派全権大使復命書附属書類(1885)天津談判「双方より提供する証拠に就(つい)て審理を経、裁決を下すべきのみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

審理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

審理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.