Rakuten infoseek

辞書

寛永【カンエイ】

デジタル大辞泉

かんえい〔クワンエイ〕【寛永】
江戸前期、後水尾天皇明正天皇後光明天皇の時の年号。1624年2月30日~1644年12月16日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんえい【寛永】
年号(1624.2.30~1644.12.16)。元和の後、正保の前。後水尾ごみずのお・明正めいしよう・後光明ごこうみよう天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

かんえい【寛永】
日本の元号(年号)。江戸時代の1624年から1644年まで、後水尾(ごみずのお)天皇、明正(めいしょう)天皇、後光明(ごこうみょう)天皇の代の元号。前元号は元和(げんな)。次元号は正保(しょうほう)。1624年(元和10)2月30日改元。1624年は甲子(かっし)の年にあたり、徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい、甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた。なお、前年に徳川家光が征夷大将軍に任じられたが、将軍の代始を改元の事由にしようとした江戸幕府の意向、とする説もある。『毛詩朱子注(もうししゅしちゅう)』を出典とする命名。朝廷が8つの候補を幕府に示し、幕府が3つに絞り込んだ後、天皇により「寛永」が選ばれたといわれる。1627年(寛永4)には、後水尾天皇が高僧に与えた紫衣(しえ)着用の勅許を、法度(はっと)違反を理由に幕府が無効とした紫衣事件が起こっている。反発した天皇は退位を決意するなど、幕府と朝廷の間に緊張が高まった。1637年(寛永14)には島原の乱が起こった。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんえい クヮンエイ【寛永】
江戸時代前期、後水尾、明正、後光明天皇の代の年号。元和一〇年(一六二四)二月三〇日、甲子(かっし)革命により改元。寛永六年(一六二九)一一月以降明正天皇、同二〇年一〇月以降後光明天皇。同二一年一二月一六日、正保(しょうほ)と改元。三代将軍徳川家光の時代。出典は「毛詩‐朱子注」の「寛広永長」による。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寛永」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寛永の関連情報

他サービスで検索

「寛永」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.