Rakuten infoseek

辞書

寛喜【カンギ】

デジタル大辞泉

かんぎ〔クワンギ〕【寛喜】
《「かんき」とも》鎌倉前期、後堀河天皇の時の年号。1229年3月5日~1232年4月2日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんぎ【寛喜】
〔「かんき」とも〕
年号(1229.3.5~1232.4.2)。安貞の後、貞永の前。後堀河天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

かんき【寛喜】
⇒寛喜(かんぎ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんぎ【寛喜】
日本の元号(年号)。鎌倉時代の1229年から1232年まで、後堀河(ごほりかわ)天皇の代の元号。前元号は安貞(あんてい)。次元号は貞永(じょうえい)。1229年(安貞3)3月5日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『後魏書(ごぎしょ)』を出典とする命名。寛喜年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(3代)。1230年(寛喜2)から翌年にかけて、鎌倉時代最大規模といわれる飢饉(ききん)(寛喜の飢饉)が発生した。◇「かんき」とも読む。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんぎ クヮンギ【寛喜】
(「かんき」とも) 鎌倉時代前期、後堀河天皇の代の年号。天変地異により安貞三年(一二二九)三月五日改元。寛喜四年(一二三二)四月二日貞永(じょうえい)と改元。将軍藤原頼経、執権北条泰時の時代。出典は「後魏書」の「仁興温泉寛興喜楽」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寛喜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寛喜の関連情報

他サービスで検索

「寛喜」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.