Rakuten infoseek

辞書

寒冷高気圧【カンレイコウキアツ】

デジタル大辞泉

かんれい‐こうきあつ〔‐カウキアツ〕【寒冷高気圧】
気温が周囲より低い高気圧大気の下層部が冷却されて生じる。上空3キロ以上では気圧が逆に低くなるので、の低い高気圧ともいう。冬季シベリア高気圧など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんれいこうきあつ【寒冷高気圧 cold anticyclone】
高気圧の中で,その成因が大気下層の低温化,つまり密度増加にあると考えられるものを指す。この低温度のゆえに,高気圧としての形態は高さとともにうすれて,3km以上では認めにくくなる。寒冷高気圧に属するもの,一部それに近いものは次のようである。(1)内陸地方の夜間放射冷却,冷たい海面や氷面上での冷却,雷雨の際の雨滴蒸発による下層大気の冷却でできる水平規模の小さい寒冷高気圧。この種のものは寿命が短くて,移動もごく小範囲に限られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんれいこうきあつ【寒冷高気圧】
中心部が放射冷却などで冷やされた寒冷な空気で占められている高気圧。通常、高さ2キロメートル 以上には及ばない。シベリア高気圧がその例。寒冷型高気圧。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

寒冷高気圧
かんれいこうきあつ
ある同じ高度面(通常は海面高度面すなわち地表)で、周囲より気温の低い高気圧。寒冷高気圧の域内では、かなりの高さまで周囲に比べて寒冷であり、成層圏で初めて周囲より温暖になる場合が多い。上空のある面の気圧は、地表から、その面までの大気の重量分を地表の気圧から差し引いた値に等しい。そして大気の寒冷部分は、等圧の場合、温暖部分より重いので、上空に向かっての気圧の減り方は、寒冷部分のほうが温暖部分より大きい。したがって、寒冷高気圧の域内では、上空へいくほど気圧は著しく減少し、周囲との気圧の差が小さくなり、通常、3キロメートルより上では、低気圧または気圧の谷になってしまう。この意味で、寒冷高気圧は「背の低い高気圧」である。シベリア高気圧や移動性高気圧のとくに東半分は寒冷高気圧である。[倉嶋 厚]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんれい‐こうきあつ ‥カウキアツ【寒冷高気圧】
〘名〙 中心部が周囲より寒冷な高気圧。冬季に大陸が冷却するために生ずるものと、寒冷な海上に生ずるものとがある。前者に属するシベリア高気圧は冬の寒さに影響を与え、後者に属するオホーツク海高気圧は梅雨の原因となる。⇔温暖高気圧

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寒冷高気圧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寒冷高気圧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.