Rakuten infoseek

辞書

寒冷紗【かんれいしゃ】

盆栽用語集

寒冷紗
木綿やナイロンなどをごく粗めに織った広幅の布。盆栽に限らず園芸趣味の必須アイテムで、夏は直射日光、冬は霜などを遮るために棚場や樹の上を覆う。

出典:(株)近代出版
Copyright(C)2009 Kindai Shuppan co., ltd All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんれい‐しゃ【寒冷×紗】
織り目の粗い薄地綿布。濃いのりで仕上げをして、カーテン・かや・造花芯地などに使う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんれいしゃ【寒冷紗】
ビクトリア・ローンともいい,綿織物の一種。経緯ともに綿単糸を用い,経糸に強い糊付けをし,密度のあらい平織に織って,硬く糊仕上げした生紗風の薄地の綿布。白地が多いが地染,型染のものもある。地の薄いものは日覆い,窓掛け,ふすま張地,蚊帳その他に使われ,目の細かい優良品は造花,人形衣装などに用いられる。【宮坂 博文

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんれいしゃ【寒冷紗】
粗く平織りにした薄い綿布を、糊付けして固く仕上げたもの。芯しん地・蚊帳かやなどに用いる。本来は麻で製した。唐布とうぬの

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寒冷紗
かんれいしゃ
綿織物の一種で,普通の綿布よりも目が粗い。濃い糊を施して堅く仕上げてあるので,一見麻織物のようにみえる。織り上げ後漂白し,白のまま使用するものが多いが,染色,捺染したものもある。おもに造花用,人形の衣装そのほかの装飾用や製本の際の背張りなどに用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

寒冷紗
かんれいしゃ
薄地に織られ、紗によく似た感じに仕上げられた平織の綿織物。もとは薄地の麻織物であったが、その風合いに似せて、手ざわりが粗いこわめの綿織物が製織されるようになり、むしろ木綿のものが一般化するようになった。綿製の寒冷紗は40番手くらいの単糸で、織るときに経(たて)糸に強糊(こわのり)をつけてあり、漂白したのちさらに強糊仕上げをする。また色無地、捺染(なっせん)加工したものもある。良質のものはハンカチーフ地に、ほかにカーテン地、造花用、人形の衣装などにも広く用いられている。[角山幸洋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寒冷紗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寒冷紗の関連情報

他サービスで検索

「寒冷紗」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.