Rakuten infoseek

辞書

富田常雄【とみたつねお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

富田常雄
とみたつねお
[生]1904.1.1. 東京
[没]1967.10.16. 東京
小説家。講道館の著名な柔道家富田常次郎の子として生れた。明治大学商学部卒業。初め演劇運動に参加したが,柔道小説『姿三四郎』 (1942) の成功で大衆文学に転じた。 1949年『刺青』 (47) ,『』 (48) で直木賞受賞。ほかに『弁慶』 (51~55) ,『ひょっとこ』 (60) ,『柔 (やわら) 』 (64~65) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とみた‐つねお〔‐つねを〕【富田常雄】
[1904~1967]小説家。東京の生まれ。はじめは劇団に所属して新劇運動に参加し、多くの作品を脚色。その後大衆作家に転じて、痛快な時代小説で人気を集めた。「」「刺青(しせい)」で直木賞受賞。他に「姿三四郎」「弁慶」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

富田常雄 とみた-つねお
1904-1967 昭和時代の小説家。
明治37年1月1日生まれ。講道館四天王のひとり富田常次郎の子。昭和3年河原崎長十郎らの劇団心座文芸部にはいる。17年「姿三四郎」で流行作家となる。24年「刺青」「面」で直木賞。「弁慶」「熊谷次郎」などの時代物から「浮雲日記」などの現代物まで手がけた。昭和42年10月16日死去。63歳。東京出身。明大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とみたつねお【富田常雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

富田常雄
とみたつねお
(1904―1967)
小説家。東京生まれ。父常次郎は著名な柔道家。小・中学時代から戯曲、小説を書き、1927年(昭和2)明治大学商学部卒業後、舟橋(ふなはし)聖一や村山知義(ともよし)らの劇団「心座(こころざ)」の一員となり、新劇運動に参加した。42年、父の友人である武道の天才児をモデルにした人間形成小説『姿三四郎』を発表、『面』(1948)、『刺青(しせい)』(1947)の両作品で49年に直木賞を受賞した。51年(昭和26)から55年にかけて痛快時代小説『弁慶』を『東京新聞』に連載し、人気を得た。『雪もち笹(ざさ)』(1950)、『ひょっとこ』(1960)などの作品は、作者の小説巧者としての筆の冴(さ)えを示す珠玉編である。[磯貝勝太郎]
『『富田常雄選集』全15巻(1958~59・東京文芸社) ▽『姿三四郎』上下(1977・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富田常雄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富田常雄の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)[各個指定]芸能部門ゴダール(Jean-Luc Godard)新藤兼人日露戦争ロシア革命森一生蓮實重彦野村芳太郎増村保造

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.