Rakuten infoseek

辞書

富栄養化【ふえいようか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

富栄養化
ふえいようか
eutrophication
窒素リンの類の栄養塩類が多くなり,生物の成育に適する条件が高まって,生物種も豊富になる状態をいう。生活排水肥料,また工場排水の大量流入により極度に富栄養化して,青粉 (ミクロキスチスなど) など特定のプランクトンが異常発生するようになり,この死骸湖沼底に沈降,堆積して嫌気性の分解が起り,このため硫化水素などを発生させて魚介類を大量死させるなど,新しい2次的な水質汚濁の原因となる。また富栄養化による沼の透明度の低下や水道水のろ過障害,異臭味問題なども生じる。この現象琵琶湖諏訪湖霞ヶ浦などの富栄養型の湖沼をはじめ,元来貧栄養型の相模湖などの人工湖にも発生している。また,大都市やコンビナート周辺の内湾や沿海にもみられ,赤潮などの原因になっている。富栄養化の類型指定を受けている湖沼は 1990年で 44カ所あり,排水規制を実施している湖沼はリンで 1066ヵ所,窒素で 78ヵ所ある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

富栄養化
湖沼、内海、内湾などの閉鎖性水域では生活排水、工場排水、農業肥料などが流入し、窒素、リンなどが増加する。日光を受けて藻類植物プランクトンなどの水生植物が増殖し、これが枯死・腐敗して窒素、リンを水中に放出する。赤潮、アオコなどは、こうした富栄養化で起きる。2004年度の環境基準(BODまたはCOD)の達成率は、河川89.8%、海域75.5%、湖沼50.9%。琵琶湖、霞ケ浦、諏訪湖など代表的な湖沼で未達成。
(杉本裕明 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ふえいよう‐か〔フエイヤウクワ〕【富栄養化】
湖沼・内湾などに、地表水等の流入により燐(りん)窒素などの栄養物質が蓄積すること。限度を超えるとプランクトンが異常繁殖して汚染や腐水化が起こる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

富栄養化
 湖,沼,内海,湾など閉鎖された水域で,生活排水や工場排水によって,微生物や藻類の栄養になるリン,窒素などが増加し,これらが繁殖しやすくなる状態.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふえいようか【富栄養化 eutrophication】
元来は陸水学の用語。長い年月の間に貧栄養湖oligotrophic lakeが富栄養湖eutrophic lakeに移り変わっていく現象をいう。現在はより広義に,水域の種類にかかわりなく,水中の栄養塩濃度が増加し,水域の植物の生産活動が高くなっていく現象,いいかえると,貧栄養的水域が富栄養的になっていく現象を指す。貧栄養,富栄養ということばは,語源的には,湿原において植物の生産を支える栄養塩が乏しい,あるいは豊富なことをそれぞれ意味している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふえいようか【富栄養化】
貧栄養湖が長年月を経て富栄養湖へと遷移すること。自然富栄養化。
リンや窒素などを含む排水が湖沼などに流入し、プランクトンが異常に発生するなどして水質が汚濁すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

富栄養化
ふえいようか
eutrophication
海水や陸水中にリン、窒素などの栄養塩類が豊富になり、これをもとにして植物プランクトンや海藻・水草が繁殖し、動物プランクトンや魚貝類が豊かになる現象。水域の生産向上という見方では好ましい現象である。しかし、栄養塩類の負荷が過剰になると、有機物生産が過剰になって水中や底にたまり、有機物の分解に伴って水中の溶存酸素が減少し、その結果、水質や底質が貧酸素や無酸素になり、生物相が単調となって悪質な赤潮が発生するようになる。さらに進行すると、細菌と原生動物だけが活動する腐水状態になる。生活排水や産業排水が流入し、しかも水が停滞しやすい水域では栄養塩類が過剰になりやすく、東京湾、伊勢(いせ)湾、大阪湾、手賀沼、印旛(いんば)沼などで問題になっている。[佐野 昭・高橋正征]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふえいよう‐か フエイヤウクヮ【富栄養化】
〘名〙 海水や陸水中に、地表水の流入などによってリンや窒素などの栄養塩が豊富になり、植物プランクトンや藻類が繁殖する現象。これにより動物プランクトンや魚介類が豊かになるが、過度になると、赤潮が発生したり、腐水状態になったりする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

富栄養化
フエイヨウカ
eutrophication

一般に,海,湖沼などの水域において,窒素,リンなどの栄養塩類が増加する現象をいう.海域でこの現象が起こると赤潮の発生の原因になり,湖沼では植物プランクトンやアオコなどの藻類が異常に増殖し,その結果として,低層水中が嫌気性となり,魚貝類の斃(へい)死,さらに,N2,H2S,メタンなどの発生による上水の着臭などの被害が起こる.また,このような水を水道水源とした場合,浄水処理工程でのトリハロメタンの発生量が増加することにもなり,水質汚濁とともに問題となっている.こうした富栄養化の多くは,生活排水,工場排水,農業排水などの人為的なものが主要因となって進行する.化石燃料燃焼,ごみ焼却によって大気中に放出された窒素化合物の一部が,雨水によって地表の水域に戻されることも,主要負荷源の一つとして注目されている.排水処理の三次処理を完全に実施し,水域の富栄養化防止を実現することが望まれている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富栄養化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富栄養化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.