Rakuten infoseek

辞書

富松一寸豆【とまついっすんまめ】

事典 日本の地域ブランド・名産品

富松一寸豆[豆類]
とまついっすんまめ
近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
主に尼崎市富松地区で生産されている。古くから裏作商品作物として栽培され、明治時代天皇へ献上して有名になった。一粒の大きさが約3cmほどのそらまめ。皮がやわらかく甘みも強いのが特徴。土地の栄養分をとるため同じ場所に5年〜6年は植えられない栽培条件と宅地化の進行を理由に、栽培が激減した。ひょうごの伝統野菜

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富松一寸豆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富松一寸豆の関連情報

他サービスで検索

「富松一寸豆」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.