Rakuten infoseek

辞書

富本豊前掾【トミモトブゼンノジョウ】

デジタル大辞泉

とみもと‐ぶぜんのじょう【富本豊前掾】
[1716~1764]江戸中期の富本節太夫。初世。宮古路豊後掾門人。寛延元年(1748)富本豊志太夫と名のり、独立して富本節を創始。翌年、豊前掾を受領晩年には筑前掾を再受領した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とみもとぶぜんのじょう【富本豊前掾】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とみもとぶぜんのじょう【富本豊前掾】
富本節の家元の名(掾号)。
(初世)1716~1764 富本節の創始者。宮古路豊後掾の門下。豊後節弾圧の後、いったんは兄弟子の常磐津文字太夫の傘下に入って小文字太夫と称したが、翌年に富本の名で独立、翌々年に豊前掾を受領。
(二世)1754~1822 初世の実子。天性の美声で人気を博し、富本節の全盛期を築いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とみもと‐ぶぜんのじょう【富本豊前掾】
富本節の太夫。富本節の始祖。本名福田弾司。宮古路豊後掾の門弟。豊後節が弾圧されたとき、その門人常磐津文字太夫にしたがったが、寛延元年(一七四八)独立。改姓して、富本の一派を立てた。享保元~明和元年(一七一六‐六四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富本豊前掾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富本豊前掾の関連情報

関連キーワード

ボルテールザモイスキ江戸褄享保徳川吉宗享保の改革芸者レザノフ鈴木源之丞鈴木春信

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.