Rakuten infoseek

辞書

富山【とみやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

富山
とみやま
千葉県南部,南房総市北部の旧町域。房総丘陵西端に位置し,西は浦賀水道に面する。 1955年岩井町と平群村が合体して富山町が成立。 2006年富浦町,三芳村,白浜町,千倉町,丸山町,和田町と合体して南房総市となった。地名は『南総里見八犬伝』の舞台富山に由来する。中世は里見氏の所領。近世は江戸幕府直轄地。大部分は丘陵地で,海岸は海水浴場に適し,民宿が多い。特に岩井海岸は臨海学校に利用され,海岸一帯は南房総国定公園に属する。ビワ,花卉,野菜を栽培し酪農も盛ん。内陸部の富山,伊予ヶ岳を中心とした地域は富山県立自然公園に指定。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富山
とみやま
愛知県北東端,豊根村北東部の旧村域。天竜川を境に静岡県に隣接。 2005年豊根村に編入。 1935~55年の間に約 40戸が渥美半島へ移住し,佐久間ダム (→佐久間湖 ) の建設で中心地区が水没したため全人口のおよそ3分の1が豊橋市高師原天伯原へ移住した。耕地は少ないが雨量が多く,スギを中心に林業が行なわれる。天竜奥三河国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とやま【富山】
中部地方の日本海に面する県。もとの越中にあたる。人口109.3万(2010)。
富山県中央部の市。神通(じんずう)川中下流域を占める。県庁所在地。加賀藩の支藩前田氏の城下町を中心に発展。製薬および売薬業、化学工業が盛ん。平成17年(2005)4月、上新川(かみにいかわ)郡、婦負(ねい)郡の6町村と合併。人口42.2万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とやま【富山】
中部地方北部の県。かつての越中国全域を占める。東部に飛驒山脈、南部に飛驒高地があり、北の富山湾岸に富山平野が開ける。県庁所在地、富山市。
富山県中北部、神通川下流域の市。県庁所在地。近世、加賀藩の支藩前田氏の城下町。立山・黒部峡谷の玄関口。売薬業のほか豊富な電力と工業用水に恵まれ、重化学工業が発達。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とやま【富山】
[一] 富山県中央部の地名。県庁所在地。富山湾に面する。天文年間(一五三二‐五五)水越勝重が富山城を築城。江戸時代は前田氏十万石の城下町として発展。富山売薬の中心地であり、豊富な電力と良質の工業用水に恵まれた工業都市でもある。明治二二年(一八八九)市制。
[二] 「とやまけん(富山県)」の略。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富山の関連情報

他サービスで検索

「富山」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.