Rakuten infoseek

辞書

富山清琴【とみやませいきん】

世界大百科事典 第2版

とみやませいきん【富山清琴】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

富山清琴
とみやませいきん
(1913―2008)
地歌、箏曲(そうきょく)の演奏家。本名八田清治(きよはる)。大阪市生まれ。1歳4か月で失明。4歳で富永敬琴(けいきん)に入門し、久弥(ひさや)を名のる。12歳で野川流三味線および継山(つぐやま)流箏秘曲の伝授を受け、富山清琴の芸名をもらう。師の没後は田伏(たぶち)イトに胡弓(こきゅう)その他を習い、1930年(昭和5)上京してイトの弟弟子、富崎春昇(しゅんしょう)に入門、内弟子となる。47年には清音会を結成し、翌年師より家元として独立を許された。師春昇の遺産をすべて受け継ぎ、古典継承とともに作曲にも優れている。作品に『雨四題』『防人の賦(さきもりのふ)』『鐘の音』など。69年地唄(じうた)の重要無形文化財保持者に認定。88年芸術院会員。2000年(平成12)2世清琴を長男の清隆(きよたか)(1950― )に譲り、自身は富山清翁を名のる。[平山けい子]
『今井欣三郎編『清琴、地うた修業』(1966・芸能発行所)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富山清琴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富山清琴の関連情報

他サービスで検索

「富山清琴」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.