Rakuten infoseek

辞書

富安風生【とみやす ふうせい】

美術人名辞典

富安風生
俳人。愛知県生。名は謙次。東大法学部卒。逓信省に入り、逓信次官をもって退職。俳句は高浜虚子師事、「若葉」を主宰する。読売俳壇選者。芸術院賞受賞。芸術院会員。昭和54年(1979)歿、93才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

とみやす‐ふうせい【富安風生】
[1885~1979]俳人。愛知の生まれ。本名、謙次。高浜虚子に師事し、「ホトトギス同人となった。句集草の花」「松籟(しょうらい)」「古稀春風」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

富安風生 とみやす-ふうせい
1885-1979 大正-昭和時代の俳人。
明治18年4月16日生まれ。逓信省にはいり,昭和11年逓信次官。在任中から高浜虚子(きょし)に師事し,「ホトトギス」同人。昭和3年「若葉」の選者となり,のち主宰。軽妙洒脱から内省的句風へとうつり,自在な境地に到達した。芸術院会員。昭和54年2月22日死去。93歳。愛知県出身。東京帝大卒。本名は謙次。句集に「草の花」「晩涼」など。
【格言など】むつかしき辭表の辭の字冬夕焼(「晩涼」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とみやすふうせい【富安風生】
1885‐1979(明治18‐昭和54)
俳人。愛知県生れ。本名謙次。1910年東大法学部を卒業し逓信省に入る。初め俳誌《天の川》《土上(どじよう)》に関係したが,22年水原秋桜子らと東大俳句会を復興し,高浜虚子に師事した。28年主宰誌《若葉》を創刊,33年第1句集《草の花》を上梓し,《ホトトギス》の俳人としての地位を確立した。句風は求道的な傾向をとらず,人生や社会に余裕派的な立場で臨み,平明温雅の中に俳句的なひねりを利かした軽妙な自在さがあり,親しみやすい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とみやすふうせい【富安風生】
1885~1979) 俳人。愛知県生まれ。本名、謙次。東大卒。逓信省に勤務。「ホトトギス」に参加、のち「若葉」を主宰。句集「草の花」「走馬灯」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

富安風生
とみやすふうせい
[生]1885.4.17. 愛知,金沢
[没]1979.2.22. 東京
俳人。本名,謙次。第一高等学校を経て 1910年東京大学独法科卒業。逓信省入りして次官にまで昇進。 18年吉岡禅寺洞,次いで高浜虚子の門に入り,29年認められて『ホトトギス』同人となった。一方 28年以来俳誌『若葉』を育成しながら,『草の花』 (1933) ,『松籟』 (40) ,『愛日抄』 (61) などの句集を発表。 71年日本芸術院賞受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

富安風生
とみやすふうせい
(1885―1979)
俳人。愛知県生まれ。本名謙次。東京帝国大学法科を出て逓信省に入り、1937年(昭和12)次官をもって退官。18年(大正7)福岡為替(かわせ)貯金局長在任中、吉岡禅寺洞(ぜんじどう)らと句作し、東京に帰任後高浜虚子(きょし)に師事して、東大俳句会をおこし、軽快で典雅な作風により『ホトトギス』の作者として名をなした。28年『若葉』を創刊主宰し、退官後は俳句一途に精進し、その句業により71年(昭和46)芸術院賞受賞、75年には芸術院会員に推され、水原秋桜子(しゅうおうし)と並び俳壇の巨匠と仰がれて、老いとともに俳境とみにつややかさを加えた。句集には『草の花』(1933)以後、『松籟(しょうらい)』(1940)、『晩涼』(1955)、『古稀(こき)春風』(1957)、『喜寿以後』(1965)、『齢愛(よわいいと)し』(1978)他20冊に近く、随筆の著も多い。[村山古郷]
 まさをなる空よりしだれざくらかな
『『富安風生集』(1978・俳人協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とみやす‐ふうせい【富安風生】
俳人。愛知県生まれ。本名、謙次。東大卒。高浜虚子に師事する。中道俳句と評され、作風は軽快にして典雅、のちに内省的心境的なものへと変化した。主宰誌「若葉」。句集「愛日抄」「喜寿以後」など。明治一八~昭和五四年(一八八五‐一九七九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富安風生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富安風生の関連情報

他サービスで検索

「富安風生」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.