Rakuten infoseek

辞書

富士【ふじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

富士
ふじ
佐賀県東部,佐賀市北西部の旧町域。川上川上流域,脊振山地にある。 1956年小関村,南山村,北山村の3村が合体,1966年町制。 2005年佐賀市,諸富町,大和町,三瀬村の4市町村と合体して佐賀市となった。林業,畑作が主産業で,高冷地野菜の栽培が行なわれる。水力開発も盛んで発電所が多い。北山ダム,古湯温泉熊ノ川温泉などの観光地は釣り客,浴客でにぎわう。北東部の下合瀬の大カツラは国の天然記念物。北部は脊振北山県立自然公園,南東部は川上金立県立自然公園,南西部は天山県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじ[船舶名]
日本の第二代南極観測船。昭和40年(1965)、初代宗谷に続いて第七次から第二十四次の観測に従事。船尾部にヘリコプターの発着甲板と格納庫を備える。退役後は名古屋港で南極観測に関する博物館として利用されている。
[補説]品種名別項。→ふじ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじ【富士】
富士山」の略。「一富士二鷹(たか)三茄子(なすび)」
静岡県東部、富士山南麓にある市。駿河湾に面し、田子の浦港がある。パルプ・製紙などの工業が盛ん。平成20年(2008)に富士川町を編入。人口25.4万(2010)。
武田泰淳の長編小説。昭和44年(1969)から昭和46年(1971)にかけて「」誌に連載。第二次大戦末期、富士山麓の精神科病院を舞台とする哲学的大作。
徳冨蘆花による自伝的小説。自身の結婚生活を描いた大作で、大正13年(1924)に書き始められ、昭和2年(1927)の著者の死に至るまで書き続けられた。全4巻。未完。
[補説]船舶名・品種名は別項。→ふじ(船舶名)ふじ(品種名)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじ[品種名]
リンゴの一品種。国光デリシャスの交配により作り出された。甘味が強く歯ごたえがよい。
[補説]船舶名別項。→ふじ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

富士
日本のフェリー。2005年7月竣工静岡県の静岡港から土肥を結ぶ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士
静岡県富士市にある道の駅。国道1号に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士
日本海軍の戦艦。富士型戦艦の1番艦。前弩級戦艦。イギリスで建造され、1897年8月に竣工、同年10月横須賀に到着。日本海軍初の近代戦艦。日露戦争主力艦として活躍したのち、ワシントン軍縮条約により兵装を撤去。運送艦、練習艦などとして使用される。第二次世界大戦末期の横須賀空襲の際に被爆・炎上して着底。戦後、解体された。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふじ【富士】
静岡県中東部、富士川東岸にある市。富士山の南麓にあり、駿河湾に面する。パルプ・製紙・化学・電機・自動車などの工業が盛ん。河口に田子の浦港がある。
「富士山」の略。
[句項目] 富士は磯

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじ【富士】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔北海道〕富士(ふじ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

富士
ふじ
佐賀県北部、佐賀郡にあった旧町名(富士町(ちょう))。現在は佐賀市富士町地区で、市の北部を占める。脊振(せふり)山地に位置する。旧富士町は、1966年(昭和41)町制施行。2005年(平成17)諸富(もろどみ)、大和(やまと)の2町および三瀬(みつせ)村とともに佐賀市に合併。旧富士町は有明(ありあけ)海に注ぐ嘉瀬(かせ)川(川上(かわかみ)川)上流の高原状花崗(かこう)岩山地にあり、水系各地に山間小盆地が開け、峡谷が介在する。北端の分水界で福岡県と接する。地域の北東部に佐賀平野の水甕(みずがめ)、北山ダム(ほくざんだむ)があり、その下流に水力発電所が点在するが、2012年新たに嘉瀬川ダムが完成。国道323号で佐賀市街・唐津(からつ)方面に、また国道263号と三瀬トンネル(有料)の三瀬峠で福岡市に通じている。スギなどの造林地が広がり、特産レタスなどの野菜類の栽培が目だつ。古湯・熊の川温泉(ふるゆくまのかわおんせん)は国民保養温泉地。脊振北山、天山(てんざん)、川上金立(きんりゅう)の3県立自然公園域をもつ。下合瀬(しもおうせ)の大カツラは国指定天然記念物。上無津呂(かみむつろ)の茅葺(かやぶ)き吉村家住宅は国指定重要文化財。市川(いちかわ)の天衝舞浮立(てんつくみゃあぶりゅう)などが知られている。[川崎 茂]
『『富士町誌』(1968・富士町) ▽『富士町史』上・下巻(2000・富士町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじ【富士】
[1]
[一] 「ふじさん(富士山)(一)(一)」の略。
※常陸風土記(717‐724頃)筑波「神祖の尊、諸の神の処(みもと)に巡り行でまして、駿河の国福慈(フジ)の岳に到りまし」
[二] 静岡県東部の地名。富士山南側麓にあり、駿河湾に面する。江戸時代、東海道五十三次の原と蒲原の間の宿駅として発達した吉原を含む。現在は、日本の代表的な製紙工業都市の一つ。田子浦港がある。昭和二九年(一九五四)市制。
[2] 〘名〙
① (「えど(江戸)の富士」の略) 富士山の形に擬して築いた江戸市中の丘。多くは丘の上に浅間社をまつる。
雑俳・柳多留‐五一(1811)「よし原へ不二の裾から息子ぬけ」
② 香木の名。分類は伽羅(きゃら)
※名香目録(1601)「富士 伽羅 ききあたらしうけだかく、ならびなきかほりあり」
③ 女陰の異称。
※雑俳・机の塵(1843)「ほんまかいナア・富士の裾野の月ぬらし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富士の関連情報

他サービスで検索

「富士」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.