Rakuten infoseek

辞書

富士火山帯【ふじかざんたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

富士火山帯
ふじかざんたい
本州中部を南北に縦断する火山帯フォッサ・マグナ沿いに走り,南は太平洋上のマリアナ諸島にまで連なる。南から硫黄島八丈島三宅島大島天城山 (1406m) ,箱根山 (1439m) ,愛鷹山 (1505m) ,富士山 (3776m) ,八ヶ岳 (2899m) などの火山が噴出するが,北端は明瞭ではなく,乗鞍那須火山帯に連続する。 1952年明神礁が噴火するなど,活発な活動を続けている部分もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじ‐かざんたい〔‐クワザンタイ〕【富士火山帯】
新潟県西部の焼山妙高山から八ヶ岳富士山伊豆七島の諸火山を経て、マリアナ諸島に連なる火山帯。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふじかざんたい【富士火山帯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじかざんたい【富士火山帯】
新潟県西南部の焼山から妙高山・八ヶ岳・富士山・箱根・伊豆半島の諸火山を経て伊豆七島・マリアナ諸島に続く火山帯。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

富士火山帯
ふじかざんたい
新潟焼山(やけやま)から妙高・八(やつ)ヶ岳・富士・箱根などを経て、伊豆(いず)半島・伊豆諸島・火山列島を貫き、マリアナ諸島へ連なる第四紀の火山帯で、現在では、東日本火山帯として一括される。フィリピン海プレートと北アメリカプレート(あるいはオホーツクプレート)の両方にまたがって火山帯が分布している。成層火山が多く、箱根・大島・三宅(みやけ)島・青ヶ島などにはカルデラがある。古くは、岩石成因論的見地から、富士山以北の諸火山と大室(おおむろ)・天城(あまぎ)・新島(にいじま)・神津(こうづ)島などからなる北帯と、箱根から大島を経て南下する南帯に区分されたこともあった。富士火山帯の多くの火山が玄武岩と安山岩からできているのに対し、新島・神津島などはおもに流紋岩からなりやや特異である。また、富士・那須(なす)・鳥海の三火山帯は本州中部で合体するが、岩石の性質もほぼ共通になり、三者の境界が不明確である。[諏訪 彰・中田節也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじ‐かざんたい ‥クヮザンタイ【富士火山帯】
本州中部を南南東に貫き、伊豆諸島小笠原諸島・硫黄諸島を経て、マリアナ諸島北部西側の火山列島に連なる火山帯。焼山・妙高山・八ケ岳・富士山・三原山などを含む。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士火山帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

富士火山帯の関連情報

他サービスで検索

「富士火山帯」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.