Rakuten infoseek

辞書

密通【ミッツウ】

デジタル大辞泉

みっ‐つう【密通】
[名](スル)
ひそかに通じ合うこと。また、ひそかに通知すること。「敵と密通する」
肉体関係をもつことが許されない二人が、ひそかに関係すること。私通。「不義密通

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みっつう【密通】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みっつう【密通】
( 名 ) スル
ひそかに通知すること。
妻あるいは夫以外の異性とひそかに情を通わすこと。 「人妻と-する」 「不義-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

密通
みっつう
江戸時代の姦通(かんつう)をさす語。もっとも当時は無夫姦をも密通とよび、無夫姦の場合、女は処罰されず、男だけが手鎖(てじょう)を科せられ、有夫姦の場合には、男女とも死罪となった。また、夫は姦通の現行犯の男女を殺害する権利を有し、公事方御定書(くじかたおさだめがき)によると、この規定は1743年(寛保3)に設けられたことになっているが、戦国時代の分国法にも同様の規定がみられる。1870年(明治3)制定の新律綱領、82年施行の旧刑法にも同様の規定はあった。[石井良助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みっ‐つう【密通】
〘名〙
① ひそかに通じあうこと。また、ひそかに通知すること。また、その通知など。〔日葡辞書(1603‐04)〕
太閤記(1625)三「毛利家よりの密通だも思ひたえたり」
② 道義に反して、男女がひそかに肉体関係を持つこと。私通。みそかごと。
※吾妻鏡‐建仁二年(1202)八月一五日「此女、日来古郡左衛門尉保忠密通、成比翼連理契之処」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

密通」の用語解説はコトバンクが提供しています。

密通の関連情報

他サービスで検索

「密通」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.