Rakuten infoseek

辞書

寄棟【よせむね】

リフォーム用語集

寄棟
屋根形状の一種。屋根の四面が勾配屋根で形づくられているもの。切妻屋根に比べ、雨仕舞は良いが、小屋裏換気の設け方に工夫を要する。→屋根

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よせむね【寄棟】
棟木を軒桁より短くして,棟木両端と建物の四隅を結んでできる二つの台形および二つの三角形で構成される屋根の形式。最上部の水平な棟を大棟と呼ぶのに対し,三角形部分(妻屋根)と台形部分(平屋根)の交わる稜線降棟(くだりむね),または隅棟と呼び,大棟の両端部で棟が寄せ集まるところから寄棟の名称が生まれたと考えられる。平屋根と妻屋根で屋根ぶきの構法を一致させる場合には,両者のこう配も同じになることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

寄棟
よせむね
大棟(おおむね)の両端に二つずつの隅棟(すみむね)(降(くだ)り棟)が集まる屋根形式。屋根面は台形、二等辺三角形各二つの構成となり、雨水は四方に流れ落ちるので四注(しちゅう)ともよばれ、入母屋(いりもや)と同様、建物の四囲に軒が巡らされる形となる。中国の古い習慣に倣ったものであるが、奈良時代までは宮殿における大極殿(だいごくでん)、仏寺における金堂のように最高の格式をもつ建物の屋根に用いられた。唐招提寺(とうしょうだいじ)金堂がその最古の例であるが、東大寺金堂(大仏殿)も江戸時代の再建ではあるがこの形を踏襲している。しかし、その後のこの種の建物には入母屋が多く採用されており、寄棟は妻方向に軒をもたない切妻形式よりも多少とも凝った建物の屋根に用いられるようになった。書院建築では西本願寺黒(くろ)書院(瓦葺(かわらぶ)き)、曼殊院(まんじゅいん)書院((こけら)葺き)があり、茶室では西芳(さいほう)寺湘南(しょうなん)亭(葺き)、水無瀬(みなせ)神宮灯心亭(茅(かや)葺き)がある。現在は和風建築にも用いられるが、むしろ洋風がかった住宅などに洋風瓦(スペイン瓦など)を葺いて用いることが多い。[山田幸一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よせ‐むね【寄棟】
〘名〙 大棟と四つの隅棟(すみむね)からできている屋根。寄棟造り。
※旅‐昭和一八年(1943)終刊号・伊勢水郷の民家〈山口正〉「屋根の形は、大抵、寄棟(ヨセムネ)形のぼーず屋根で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よせ‐むね【寄(せ)棟】
寄せ棟造り」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寄棟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寄棟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.