Rakuten infoseek

辞書

寄居【キキョ】

デジタル大辞泉

き‐きょ【寄居】
[名](スル)他人の家に一時身を寄せること。寄寓(きぐう)。寄食。「先輩の家に寄居する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

より‐い〔‐ゐ〕【寄居】
近世初頭の兵農分離により、城主農村を離れて城下町に移ってのち、農民だけの集落として残ったもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よりい【寄居】[地名]
埼玉県北部、大里郡の地名荒川秩父山地から関東平野に出る谷口に位置する。もと城下町。鉢形城跡などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ききょ【寄居】
スル
他人の家に身を寄せること。寄寓きぐう。寄食。 親類の家に-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よりい【寄居】
埼玉県北西部の町。荒川が秩父山地から関東平野へ出るところに発達した谷口集落。旧城下町で、近世は秩父街道の宿場町として栄えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐きょ【寄居】
〘名〙 他人の家に身を寄せること。寄寓。寄食。
※興津彌五右衛門の遺書(1913)〈森鴎外〉「壮年に及びて〈略〉佐野官十郎方に寄居(キキョ)いたし居候」 〔漢書‐息夫躬伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

より‐い ‥ゐ【寄居】
[1] 〘名〙
① (━する) 物によりかかること。また、近寄ってすわること。
※夜の寝覚(1045‐68頃)二「あなたの格子の面によりゐよりゐし給ふなかにも」
② 中世の城下町が、城主の衰滅のために農村に変じて一集落をつくったもの。
③ 城塞。
※上杉家文書‐永祿一二年(1569)三月二七日・沼田三人衆連署状「如其賀野之寄居へ之説も同前御座候」
[2] 埼玉県北西部の地名。荒川が秩父山地から関東平野に出る地点に形成された谷口集落。中世、上杉氏の家臣藤田氏の城下町として発展。JR八高線、秩父鉄道、東武東上線が通じる交通の要衝。鉢形城跡などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寄居」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寄居の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.