Rakuten infoseek

辞書

寄人【よりゅうど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

寄人
よりゅうど
(1) 荘園において,荘園から他領へ出作した農民を他領では寄人といった。荘園の一円支配 (→一円知行 ) の体制が進むにつれて消滅。

(2) 平安時代の朝廷の諸官衙,鎌倉,室町幕府の政所 (まんどころ) ,問注所などにおかれ,一般庶務に従事した職名。 (→雑訴決断所 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

より‐うど【寄人】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

より‐びと【寄人】
よりゅうど」に同じ。
寄坐(よりまし)」に同じ。
「―は今ぞ寄り来る」〈謡・葵上

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よりゅうど〔よりうど〕【人】
平安時代以後、記録所御書所などに置かれた職員。庶務・執筆などのことをつかさどった。
平安時代以後、朝廷の和歌所に置かれた職員。和歌の選定にあずかった。召人(めしゅうど)。
居住する荘園の領主以外の権門(けんもん)社寺や貴族などに従属した荘民。年貢荘園領主に納め、雑役は別の所属領主のために勤めた。
鎌倉室町幕府政所(まんどころ)問注所侍所に置かれた職員。執事のもとで、執筆などの雑務に当たった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よりうど【寄人】
(1)平安時代以来,朝廷の官衙である記録所・御書所・和歌所,院文殿(いんのふどの),後院や,鎌倉幕府の公文所・政所・問注所,室町幕府の政所・問注所・侍所などにおかれた職員のこと。和歌所寄人は和歌の選定をつかさどり,召人(めしうど)と呼ばれたが,それ以外の寄人は事務能力に熟達したものが選ばれ,庶務,執事などを担当した。幕府関係の寄人は,問注所寄人が問注所公人(くにん)とも呼ばれたように,公人とも呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よりうど【寄人】
〔「よりゅうど」とも〕
平安時代以後、朝廷の記録所・和歌所あるいは幕府の政所・問注所・侍所に配属された職員の名称。いずれも事務練達の者から選ばれ、庶務・執筆の任にあたった。
平安後期、公領・荘園の住民で直属の支配者以外の公家・社寺と身分関係を結び、二元的な貢納関係をもった者。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

寄人
よりゅうど
(1)平安から室町時代にかけて、朝廷の官衙(かんが)である記録所(きろくじょ)、和歌所(わかどころ)、御書所(ごしょどころ)や院の文殿(ふどの)、また鎌倉・室町幕府の政所(まんどころ)、問注所(もんちゅうじょ)、侍所(さむらいどころ)、地方奉行(じかたぶぎょう)などに置かれた職員の名称。明法(みょうぼう)・文章道(もんじょうどう)をつかさどる下級官僚出身者が多く、管轄事務に優れていた。なお和歌所の寄人は召人(めしうど)ともよばれた。(2)国衙(こくが)領・荘園(しょうえん)において、身柄を官衙、貴族、寺社に属した有力農民で、属した権門(けんもん)によって大膳職陶器(だいぜんしきすえき)寄人、大歌所十生供御人(おおうたどころじゅうしょうぐごにん)、院の召次(めしつぎ)、摂関家大番舎人(おおばんとねり)、神人(じにん)などとよばれた。所当官物(しょとうかんもつ)・年貢は国衙、荘園領主に出すが、雑公事(ぞうくじ)は免除され、代償として属した権門に主として非農業部門の奉仕を行った。このような寄人の出現は、平安末期から畿内(きない)近国を中心にしておこった有力農民層の「神人・寄人化闘争」の結果によるものである。これは国衙、荘園領主、在地領主などの支配強化に対抗して、有力農民層が他の権門の寄人、神人となることにより自立化を目ざしたものである。(3)「寄作人(きさくにん)」のことで、荘園領主に招集され、荘園の耕作や未墾地の開発を行った。[山田安利]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

より‐うど【寄人】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

より‐びと【寄人】
〘名〙
② 生霊や死霊が降って寄りつく人。また、霊を寄りつかせるための小童。よりまし。
※謡曲・葵上(1435頃)「寄り人は今ぞ寄りくる、長浜の蘆毛の駒に手綱揺り掛け」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よりゅうど よりうど【寄人】
〘名〙
① 記録所、御書所、後院などの職員。庶務や執筆に従事する者で、古法に通じた者が選ばれた。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「別当・預り・よりうどども多くて」
② 和歌所の職員。和歌の選定のことなどをつかさどった。召人(めしゅうど)
※明月記‐建仁元年(1201)八月五日「於和歌所著到之由〈略〉書寄人名於其端
③ 荘園における荘民の一つ。身柄はその荘園領主とは別の領主に属して雑役を勤め、年貢は荘園領主に納めた。
※慶延記‐一二・天暦五年(951)九月一五日・太政官符案「応不輸租田醍醐寺所領曾禰庄并免庄司寄人等臨時雑役事」
④ 鎌倉・室町幕府の政所(まんどころ)、問注所、侍所の職員。執事の下にあって雑務や執事などをつかさどった。
※吾妻鏡‐建久五年(1194)三月九日「掃部允藤原行光加政所寄人
⑤ もと宮内省御歌所の職員。御歌所寄人

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寄人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

寄人の関連情報

他サービスで検索

「寄人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.