Rakuten infoseek

辞書

宿駅【しゅくえき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宿駅
しゅくえき
交通路の便利な地点で,旅人宿泊させ,荷物の運搬に要する人馬を継立てる設備のあるところ。律令制下の駅は駅馬に関する各種の義務を負わされた里で,30里ごとにおかれ,駅の事務を行うため駅長がおり,駅家が設けられ,国司の管轄下にあった。律令制の崩壊とともに平安時代以降は衰退した。宿とは元来駅家のことで,旅人を止宿させるところからその名が生じたのであろうが,駅そのものをも宿といい,駅長を宿長者といった。このことは平安時代末期以来みられ,鎌倉時代以降,特に東海道筋には著しく,50~60の宿を数えたという。これは京,鎌倉の往還の盛況にもよったのであるが,別に伊勢神宮をはじめ,社寺の参詣の道筋にも多数現れた。江戸時代に入って,街道脇往還の整備に伴い,宿場盛行をきわめ,各宿場には本陣,脇本陣,問屋場その他が立並んだ。宿と宿の間に間の宿 (あいのしゅく) がおかれたこともある。明治になって,鉄道の開設によって宿駅の様相は一変した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅく‐えき【宿駅】
街道の要所で、旅人の宿泊や、荷物運搬の人馬を中継ぎする設備のあった所。鎌倉時代以降発達した。宿場。しゅく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅくえき【宿駅】
旅客の宿泊所や荷物輸送の人馬などを用意した施設のある所で,古来主要な街道に設けられた。
[古代,中世]
 大化前代にも駅馬,駅使などの語が見えるが,その組織は不明である。大化以後,天武紀には駅家(うまや)や駅鈴のことがあるが,これも不詳である。駅伝制が整うのは大宝令以降の成文法の成立をまたねばならない。令制によれば,中央政府と大宰府や国府を結ぶ交通路が整備され,山陽道ほかの七道には原則として30里(後の約4里,16km)ごとに駅を置き,駅には駅長,駅子,駅馬などを置いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅくえき【宿駅】
交通の要地にあって、宿泊のための設備や輸送に携わる人馬を有した集落。鎌倉時代以降発達し、江戸時代には宿場町となる。しゅく。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅく‐えき【宿駅】
〘名〙 交通の要地にあって、人馬継立(つぎたて)や宿泊を主な任務とした交通集落。元来、宿と駅とは、それぞれ私営・官営の駅家(えきか)として対立する概念であるが、のち統一して呼ぶようになった。
※随筆・閑田耕筆(1801)一「鳴海も海遠くなりて、宿駅の名に残れり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宿駅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宿駅の関連情報

他サービスで検索

「宿駅」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.