Rakuten infoseek

辞書

宿禰【すくね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宿禰
すくね
古代の (かばね) の一つ。古くは人名につけた敬称であったが,天武 13 (684) 年の八色の姓 (やくさのかばね) 制定で第3位の姓となった。主として従来, (むらじ) 姓をもつ者に賜与され,真人 (まひと) ,朝臣 (あそん) に次いで高位を占めたが,奈良時代後半以降になると,出身を問わず,功績などのあった氏などに与えられるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すくね【宿×禰】
古く、人名に添えた敬称。野見宿禰(のみのすくね)の類。
天武天皇が制定した八色(やくさ)の姓(かばね)の第三位。主に連(むらじ)姓の神別氏族に与えられた。大伴宿禰の類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すくね【宿禰】
古代日本における称号の一つ。後に(かばね)になる。宿禰は,古く足尼とつくり,もっとも古い用例は,埼玉県行田市稲荷山古墳出土の鉄剣銘に〈多加利足尼〉とみえる。宿禰(足尼)は,少兄(スクナエ)の約で,高句麗の官名の小兄に由来するという説もある。古い時代の称号である宿禰は,5世半ば以前に,主として畿内地方の豪族が用いていたといわれているが,姓となったのは684年(天武13)で,八色(やくさ)の姓の一つ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

宿禰
すくね
古代の姓(かばね)の一種。この宿禰という姓は古くから用いられ、有力な豪族個人の尊称としてしばしば使われていた。しかし壬申(じんしん)の乱(672)以後、天武(てんむ)天皇は684年(天武天皇13)八色(やくさ)の姓を定めて、従来の姓を天皇中心に再編成した。その際、宿禰は八色の姓の第三位(一位は真人(まひと)、二位は朝臣(あそん))に定められ、大伴(おおとも)、佐伯(さえき)らの有力豪族に与えられた。[原島礼二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すくね【宿禰】
〘名〙
① 大化前代、貴人を親しみ尊んでいう敬称。
※古事記(712)下・歌謡「大前 小前須久泥(スクネ)が 金門蔭 かく寄り来ね 雨立ち止めむ」
② 古代の姓(かばね)の一つ。天武天皇一三年(六八四)制定された八色(やくさ)の姓の第三位。主として連(むらじ)姓の神別氏族に与えられた。のち、奈良末期以降有力な氏に与えられ、朝臣に次ぐ姓となった。
※書紀(720)天武一三年一〇月(寛文版訓)「更、諸氏之族の姓を改めて八色の姓を作りて〈略〉一つに曰はく真人(まひと)、二つに曰はく朝臣(あそみ)、三つに曰はく宿禰(スクネ)〈略〉八つに曰はく稲置(いなき)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宿禰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宿禰の関連情報

他サービスで検索

「宿禰」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.