Rakuten infoseek

辞書

宿毛湾【すくもわん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宿毛湾
すくもわん
高知県南西端の沈降性の沿岸リアス海岸屈曲に富み,湾口湾奥部に多くの島がある。イワシの好漁場であったが,近年ハマチなどの養殖業発達。湾奥に宿毛市があり,海岸部は宿毛県立自然公園に,また,湾口の島など多くの部分が足摺宇和海国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すくも‐わん【宿毛湾】
四国南西部、豊後(ぶんご)水道南東部にある湾。愛媛県南部の西海(にしうみ)半島高知県南西部の大月(おおつき)半島に挟まれてらっぱ状に開いたリアス式の湾で、カキ・ハマチ・真珠養殖が盛ん。湾口南部の島々沖ノ島海域公園を中心に足摺(あしずり)宇和海国立公園に、湾奥の島々は宿毛県立自然公園にそれぞれ指定されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すくもわん【宿毛湾】
豊後水道南東部、高知・愛媛県境、宿毛市前面にあるリアス式湾入。真珠・カキ・ハマチなどを養殖。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宿毛湾
すくもわん
四国南西部にある海湾で、豊後(ぶんご)水道南部に向かってらっぱ状に湾口を開く。沿岸は小湾入の多いリアス式海岸が発達し、湾奥部の松田川河口部は沈水性の三角江を示し、高知県宿毛市宿毛付近は干拓地もみられる。かつてはわが国有数のイワシ漁場であった。湾内の旧宇和島藩領の沖の島、姫島、鵜来(うぐる)島は1874年(明治7)愛媛県から高知県に移管されたため、以後、両県の漁業権をめぐる紛争が絶えなかった。現在は小湾入を利用したハマチなどの養殖漁業が盛ん。湾口南部一帯は沖の島海域公園を中心に足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園に、湾奥の大島、咸陽(かんよう)島一帯は宿毛湾県立自然公園に指定されている。湾奥の宿毛市片島港は高知県の西の玄関港として発展してきた。1984年(昭和59)小筑紫港と統合されて地方港湾宿毛湾港となり、1996年には重要港湾に昇格した。[大脇保彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すくも‐わん【宿毛湾】
四国南西部、高知県と愛媛県との県境にあるリアス式海湾。かつてはイワシ・アジの好漁場で、現在は真珠貝・ハマチなどの養殖が行なわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宿毛湾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宿毛湾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.