Rakuten infoseek

辞書

宸翰【しんかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宸翰
しんかん
宸筆ともいう。天皇が書いた筆跡。宸翰として確証のあるものは,嵯峨天皇の『光定戒牒』以後のもので,平安時代には遺品が少いが,鎌倉時代以降は数も多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐かん【××翰】
天子の自筆文書宸筆親翰

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

宸翰
 天皇が自ら書いた文書のことです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんかん【宸翰】
宸筆ともいい,天皇,上皇がみずから筆をとって書いた文書のことであるが,さらに広く典籍も含める。宸翰は古く聖武天皇のもの,さらには嵯峨天皇の《光定戒牒》(延暦寺所蔵),宇多天皇の《周易抄》(東山御文庫所蔵)などがあるが,多くみられるのは鎌倉時代以降である。そのうちには懐紙をはじめ,消息譲状置文願文など広範囲のものがみられる。消息もたんに個人的なものだけではなく,中世の政治・社会に大きな意義を有するものも少なくない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんかん【宸翰】
天子直筆の文書。宸筆。親翰。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐かん【宸翰】
〘名〙 天子自身が書かれた文書。天子の直筆のもの。宸筆。
※懐風藻(751)序「当此之際、宸翰垂文、賢臣献頌」 〔宋史‐宗室子砥伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宸翰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宸翰の関連情報

他サービスで検索

「宸翰」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.