Rakuten infoseek

辞書

家格【かかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

家格
かかく
家柄ともいう。家の格式。家にそなわった伝統的な資格をさす。とりわけ江戸時代には,個人よりも家が重んじられ,社会的地位を示す家柄を尊重するという観念が,公家のみならず,武家庶民の間にも行き渡っていた。武士も庶民も,個人の能力に優先するこの家格によって評価され,その社会的地位に応じた生活様式,儀礼,習慣を守るよう義務づけられていた。このしきたりは明治維新以後,近代法のもとでもなお封建的家族制度として温存された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐かく【家格】
家の格式。家柄。「家格を重んじる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かかく【家格】
ある一定の地域社会内で認められた家の地位,格式をさす。
古代中世
 日本でこうした家格観念が発生したのは,おそらく平安時代中ごろの中央貴族層の世界でのことと考えられる。それは,古代の律令国家時代には国家官僚の職業として存在していた各種の業務が,この時代からある特定の家柄により代々継承されるようになった風潮の中で,はじめて具体化されたとみることができる。たとえば,法律を家業とする坂上,中原家,文筆の家である菅原家などがそれである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かかく【家格】
家の格式。家柄。 「 -が高い」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐かく【家格】
〘名〙 家の格式。家柄。
※随筆・胆大小心録(1808)一一四「俳かいし、昔は京も田舎も家格がたって、しさいらしい物じゃあった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家格」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家格の関連情報

他サービスで検索

「家格」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.