Rakuten infoseek

辞書

家政【かせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

家政
かせい
house hold; house economy
の生活にかかわる諸事を処理し,治めること。現在の日本では主婦の仕事の範疇と考えられがちであるが,旧民法下では家長 (男性) によるものであった。また,ギリシア語で家政を意味するオイコノモス oikonomosは,家と秩序を意味する言葉の結合語で,経済 economyの語源となっている。このように家政は民族階層,時代の違いなど,家のさまざまな形態によって異なるもので,新しい家政のあり方を模索することは単に生活学だけでなく全地球的課題といえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐せい【家政】
一家の暮らしをうまくまとめていくこと。また、その方法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かせい【家政】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かせい【家政】
家をおさめること。特に、日常の家庭生活を処理してゆく方法。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐せい【家政】
〘名〙 一家をまとめ、おさめること。日常の家庭生活を処理してゆくこと。また、その方法や、それによる暮らしかた。〔日誌字解(1869)〕
※姉と弟(1892)〈嵯峨之屋御室〉「お花は家政(カセイ)の改革を名として」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家政」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家政の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.