Rakuten infoseek

辞書

家形石棺【いえがたせっかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

家形石棺
いえがたせっかん
石棺の一種。ふたが屋根形をしている。身のほうは刳抜式になっていたり,四側と底を組合せたものもある。また,ふたには縄掛突起という突出部が前後と側面につけられている。古墳時代後期に発達したが,飛鳥時代と思われるものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いえがた‐せっかん〔いへがたセキクワン〕【家形石棺】
屋根の形をしたふたをもつ箱形石棺。古墳時代後期に多くみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

家形石棺
 古墳の玄室[げんしつ]に置かれるのひつぎです。家の形をしています。石をくり抜いて作ったものと組み合わせて作ったものの2通りがあります。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いえがたせっかん【家形石棺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いえがたせっかん【家形石棺】
屋根形の蓋ふたと箱形の棺からなる石棺。古墳時代後期に多くみられる。 → 石棺

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

家形石棺
いえがたせっかん
主として古墳時代後期に、被葬者を埋納した石棺の一種。身が箱形をなし蓋(ふた)は屋根状を呈す。代表的かつ典型的な屋根には4または6個の縄掛け突起がつき、身には刳抜(くりぬき)式と組合せ式との二様がある。石材の産地としては、畿内(きない)の二上山(ふたかみやま)、播磨(はりま)の竜山(たつやま)、吉備(きび)の浪形山(なみがたやま)などが著名。[葛原克人]
『間壁忠彦・間壁葭子著『日本史の謎 石宝殿』(1978・六興出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いえがた‐せっかん いへがたセキクヮン【家形石棺】
〘名〙 古墳時代後期における石棺の一種。長い箱形の石棺に屋根状の蓋があることから呼ばれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家形石棺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家形石棺の関連情報

他サービスで検索

「家形石棺」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.