Rakuten infoseek

辞書

家司【けいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

家司
けいし
親王,内親王摂関家,職事三位以上の諸家庶務をとる職員。令制では,親王家に文学,家令,従,書吏が,職事三位以上に家令,扶,従,書吏があった。平安時代中期以降は,これらの家には政所,文殿,蔵人所,侍所,随人所などの役所をおき,別当以下が庶務をとった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けい‐し【家司】
《「けし」の音変化》
親王家・内親王家・摂関家および三位以上の家に置かれ、家政をつかさどった職。いえづかさ。
鎌倉・室町幕府の政所(まんどころ)に置かれた職員。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け‐し【家司】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいし【家司】
〈いえつかさ〉ともよむ。律令制下で親王家,内親王家,職事三位以上家に置かれていた家令(かれい)以下の家政所職員を家司と称していたが,政治的,社会的に貴族家の占める比重が大きくなる平安時代に入ると,律令で定められた職員以外のものが置かれるようになり,それらを総称して家司といった。すでに奈良時代に四,五位家や散位三位以上家に〈事業〉などが置かれ家務をつかさどるようになっていたが,平安期に入ると無品親王家にも別当が置かれ,律令で家司設置規定を欠く貴族家にも設置されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

いえつかさ【家司】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けいし【家司】
〔「家司けし」の転〕
平安中期以降、親王家・内親王家・摂関家・大臣家・三位以上の家で、家政の事務をつかさどった職。いえつかさ。
鎌倉・室町幕府の政所・問注所・侍所の職員。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

家司
けいし
親王および摂関・大臣家などの家政をつかさどる職員。「いえづかさ」ともいう。養老職員令(ようろうしきいんりょう)によると、有品(ゆうほん)親王および職事三位(しきじさんみ)以上には、その品(ほん)・位(い)に応じて、家令(けりょう)、扶(ふ)、大・少従(じゅう)、大・少書吏(しょり)など家政をつかさどる職員が付属する規定であり、大宝(たいほう)令もほぼ同じであったと考えられる。これらは官位令に定められた職事官であり、毎年本主が諸司の考法に準じて勤務成績を評定し、式部省に送る定めであった。これら家令以下の職員を総称して家司ともいった。平安時代以降、令制がしだいに衰退し権勢家の勢力が増大するに伴い、令外(りょうげ)の職員が現れ、家政機関の組織も複雑化した。親王家については、『江家次第(ごうけしだい)』などによると、勅別当(ちょくべっとう)、家司、職事、侍者(じしゃ)、御監(ごげん)、蔵人(くろうど)などの職員が置かれ、また政所(まんどころ)、蔵人所、侍所(さむらいどころ)などの家政機関が設けられた。また『小右記(しょうゆうき)』などによると、右大臣藤原実資(さねすけ)家には、家令以下の令制職員とともに、政所に家司、知家事(ちけじ)、案主(あんず)、出納(すいとう)などの令外の職員が置かれ、政所のほかにも侍所、厩司(うまやのつかさ)、随身(ずいじん)所、雑色(ぞうしき)所などが設けられたことが明らかにされている。これらの職員を総称して家司ともいったが、さらに家令、別当を上(かみ)家司、それ以下を下(しも)家司と称することもあった。家政の中心は政所であり、政所は家牒(かちょう)を発行して諸官司と折衝し、また家符・政所下文(くだしぶみ)によって家領の経営などにあたったが、これらの文書の発給も家司がつかさどった。[柳雄太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いえ‐づかさ いへ‥【家司】
源氏(1001‐14頃)若菜上「大納言朝臣のいへつかさのぞむなる、さるかたに、ものまめやかなるべき事にはあなれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい‐し【家司】
〘名〙 (「けし」の変化した語)
① 令制で、親王家、内親王家および一位以下三位以上の公卿の家に置かれた職員の総称。一位の家には家令(長官)、扶(次官)、大・小従(三等官)、大・少書吏(四等官)があり、親王家・内親王家ではこの他に文学が置かれる。いえつかさ。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)正月己巳「官人妻子多有飢乏。於是、文武官及諸家司給米」
② 奈良時代以降、公卿の家政機関である政所におかれた職員。別当、令、知家事、案主などの諸役がある。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「弁の君、まんどころにつきて、けいしどもにこの事おほせたまふ」
③ 鎌倉・室町幕府の政所に置かれた職員。②にならったもので、別当、令、知家事、案主などの諸役がある。
※吾妻鏡‐建久三年(1192)八月五日「今日政所始。則渡御。家司 別当 前因幡守中原朝臣広元前下総守源朝臣邦業」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け‐し【家司】
色葉字類抄(1177‐81)「家司 ケシ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家司」の用語解説はコトバンクが提供しています。

家司の関連情報

他サービスで検索

「家司」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.