Rakuten infoseek

辞書

宮沢賢治【みやざわけんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮沢賢治
みやざわけんじ
[生]1896.8.27. 岩手,花巻
[没]1933.9.21. 花巻
詩人,児童文学者。 1918年盛岡高等農林学校卒業。家業に従事中,日蓮宗の熱心な信者となり,布教のため上京,『どんぐりと山猫』 (1921) ,『かしはばやしの夜』 (21) など童話数編を書いた。しかし発表の機会がないまま帰郷して 24年童話集『注文の多い料理店』および詩集『春と修羅』を自費出版凶作と不況にあえぐ農民に稲作指導をしつつ天衣無縫の詩才を育てたが病弱のため夭折没後草野心平に発掘され,その豊かな空想性とユーモア,宗教性,土着性,科学精神などの交錯する世界が注目を浴びた。ほかに童話銀河鉄道の夜』 (27頃) ,『グスコーブドリの伝記』 (32) ,詩『雨ニモマケズ』 (31) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みやざわ‐けんじ〔みやざはケンヂ〕【宮沢賢治】
[1896~1933]詩人・童話作家。岩手の生まれ。法華経に傾倒し、農学校教師・農業技師として農民生活の向上に尽くすかたわら、東北地方の自然と生活を題材に、詩や童話を書いた。詩集春と修羅」、童話「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宮沢賢治 みやざわ-けんじ
1896-1933 大正-昭和時代前期の詩人,童話作家。
明治29年8月27日生まれ。大正10年稗貫(ひえぬき)農学校(12年花巻農学校に改称)教諭となる。13年詩集「春と修羅」,童話集「注文の多い料理店」を自費出版。15年花巻市郊外で開墾自炊生活にはいり,羅須地人(らすちじん)協会を設立して農民指導に献身した。昭和8年9月21日死去。38歳。岩手県出身。盛岡高農卒。作品はほかに「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」など。
【格言など】風とゆききし雲からエネルギーをとれ(「農民芸術概論綱要」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みやざわけんじ【宮沢賢治】
1896‐1933(明治29‐昭和8)
詩人,童話作家,農芸科学者,宗教思想家。岩手県稗貫(ひえぬき)郡花巻町(現,花巻市)の質古着商の長男として生まれ,浄土真宗の濃密な信仰の中で育つ。幼少年時から鉱物採集などに熱中した。盛岡中学2年のころから短歌を制作。1914年中学卒業,この年島地大等編《漢和対照妙法蓮華経》を読んで感動,終生熱烈な法華信者となる。15年盛岡高等農林学校農学科に入学。片山正夫《化学本論》を読み,物質観の基礎を与えられ,座右の書となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みやざわけんじ【宮沢賢治】
1896~1933) 詩人・童話作家。岩手県生まれ。盛岡高等農林卒。花巻で農業指導者として活躍のかたわら創作。自然と農民生活で育まれた独特の宇宙的感覚や宗教的心情にみちた詩と童話を残した。生涯、法華経を敬信。童話「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」、詩集「春と修羅」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宮沢賢治
みやざわけんじ
(1896―1933)
詩人、童話作家、農芸化学者。農村指導者、宗教思想家。明治29年8月27日岩手県稗貫(ひえぬき)郡花巻町(現、花巻市)に、父政次郎(まさじろう)(1874―1957。質・古着商)、母イチ(1877―1963)の長男として生まれ、父祖伝来の濃密な仏教信仰のなかで育った。少年時代から植物採集やとくに鉱物採集に熱中、「石コ賢さん」とよばれる。盛岡中学校に入学、2年のころから短歌制作を開始。しだいに学業等閑視、山野跋渉(ばっしょう)や、哲学書、宗教書を耽読(たんどく)するようになった。5年のとき寮監排斥運動に加担したとして退寮させられたころから急速に成績低下するが、これには家業を継ぐことへの嫌忌なども影響していた。1914年(大正3)盛岡中学を卒業、肥厚性鼻炎手術のため入院。看護婦に恋をするが、この初恋は実ることなく終わる。この秋、島地大等(しまじたいとう)編『漢和対照 妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)』を読んで激しく感動、父から進学許可を得て心機一転受験勉強に励み、翌1915年盛岡高等農林学校農学科第二部に首席入学。高農在学中は片山正夫『化学本論』を座右の書として勉学に励む一方、短歌にも新境地を開き、学内同人誌『アザリア』や『校友会会報』に連作短歌や詩的散文を次々に発表した。
 1918年、得業論文「腐植質中ノ無機成分ノ植物ニ対スル価値」を提出して卒業。さらに研究生として稗貫郡土性調査に従事するが、このとき肋膜炎(ろくまくえん)にかかる。この夏、『蜘蛛(くも)となめくじと狸(たぬき)』『双子(ふたご)の星』などの童話を書き始めた。1920年、田中智学(たなかちがく)の国柱会(こくちゅうかい)に入会、父にも改宗を迫るがいれられず、翌1921年1月に突如無断上京、本郷菊坂町に下宿して筆耕をしながら、布教活動等に加わり、夜は猛然と童話を多作した。しかし夏、妹病気の報に帰郷、12月から稗貫農学校(のち花巻農学校)教諭となり、以後4年余、教壇に立つ。この間、口語詩の制作を開始、地元の新聞や同人誌に詩や童話を発表し始める。1924年に詩集『春と修羅(しゅら)』、童話集『注文の多い料理店』を刊行。また、農学校生徒を指揮して自作の劇『飢餓陣営(きがじんえい)』ほかを毎年のように上演した。1926年3月で農学校を退職、下根子桜(しもねこさくら)に独居自炊して開墾、青年たちを集めて羅須地人協会(らすちじんきょうかい)をつくり、農芸化学や農民芸術論を講じたり、レコード鑑賞、合奏練習などの文化活動を開始したりするが、官憲に目をつけられ、賢治自身の病気などのために活動は挫折(ざせつ)。1931年(昭和6)ごろやや病状回復、東北砕石工場技師となって石灰の宣伝販売に奔走するが、無理がたたってふたたび病床の身となり、昭和8年9月21日に病死した。
 晩年は詩や童話の旧作の推敲(すいこう)、改稿、改作に没頭、多くの文語詩を制作・清書した。没後1年で早くも三巻本の『宮沢賢治全集』(1934~1935・文圃堂(ぶんぽどう))が刊行され、実弟の清六(1904―2001)、詩人の草野心平、高村光太郎らの尽力もあって、宮沢賢治の人と作品は急速に世に知られるようになった。童話では『風の又三郎』『銀河鉄道の夜』、詩では『永訣(えいけつ)の朝』、メモ『雨ニモマケズ』などが著名である。花巻市に宮沢賢治記念館がある。[天沢退二郎]
『『校本宮沢賢治全集』全14巻(1973~1977・筑摩書房) ▽『新潮日本文学アルバム 宮沢賢治』(1984・新潮社) ▽『新校本宮沢賢治全集』16巻・別巻1(1995~2009・筑摩書房) ▽『宮沢賢治全集』全10巻(ちくま文庫) ▽中村稔著『宮沢賢治』(1972・筑摩書房) ▽斎藤文一著『宮沢賢治とその展開』(1977・国文社) ▽天沢退二郎著『宮沢賢治の彼方へ』(1977/新増補改訂版・1987・思潮社/ちくま学芸文庫) ▽小沢俊郎著『宮沢賢治論集』全3巻(1987・有精堂出版) ▽恩田逸夫著『宮沢賢治論』全3巻(1991・東京書籍)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮沢賢治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮沢賢治の関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣フォーレスペンサー(Herbert Spencer)[各個指定]芸能部門ピエール キヤールアテネ

他サービスで検索

「宮沢賢治」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.