Rakuten infoseek

辞書

宮沢喜一【みやざわきいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮沢喜一
みやざわきいち
[生]1919.10.8. 東京
[没]2007.6.28. 東京
政治家。内閣総理大臣(首相。在任 1991~93)。1941年東京帝国大学法学部を卒業後大蔵省に入省。第2次世界大戦後その語学力を買われ,池田勇人大蔵大臣の秘書官に就任,以降 1950年の蔵相訪米,1951年のサンフランシスコにおける対日講和会議(→対日講和条約),1953年の池田=ロバートソン会談など,ほぼすべての戦後日米交渉に参画した。1953年,参議院議員通常選挙に広島地方区から出馬して当選。1967年には衆議院に転じ,当選 12回。1960年成立の池田内閣のブレーンを務め,1962年経済企画庁長官。その後,佐藤栄作内閣の経済企画庁長官,通商産業大臣,三木武夫内閣の外務大臣,福田赳夫内閣の経済企画庁長官,中曽根康弘内閣の蔵相を歴任自由民主党随一の国際派として知られた。1973年以来,政策集団の平河会を主宰。また,竹下登内閣の副総理,蔵相として消費税立法を進めるなか,秘書名義によるリクルートコスモス未公開株購入が発覚(→リクルート事件),1988年12月辞任。1991年11月第78代内閣総理大臣に就任。国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律PKO協力法)を成立させ,自衛隊の海外派遣への道を開いた。政治改革を実現できず,1993年6月内閣不信任案が可決され,衆議院を解散衆議院議員総選挙では自由民主党が大敗し,8月内閣総理大臣を辞任(→55年体制)。その 5年後の 1998年,小渕恵三内閣の蔵相に就任,森喜朗内閣でも留任した。2003年に政界を引退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みやざわ‐きいち〔みやざは‐〕【宮沢喜一】
[1919~2007]政治家。東京の生まれ。選挙区は広島。昭和17年(1942)大蔵省入省。サンフランシスコ講和会議などで活躍。同28年参議院議員当選。同42年衆議院議員に鞍替え。通産相・外相・蔵相を歴任し、平成3年(1991)首相に。同5年、自民党分裂で野党提出の内閣不信任案が成立し衆議院解散。続く総選挙で大敗し退陣。自民党は結党以来初の下野。同10年から13年まで蔵相・財務相に再任。→細川護煕

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宮沢喜一 みやざわ-きいち
1919-2007 昭和後期-平成時代の政治家。
大正8年10月8日生まれ。小川平吉宮沢裕長男。昭和17年大蔵省にはいり,蔵相池田勇人(はやと)の秘書官となる。28年参議院議員(当選2回,自民党)。42年衆議院議員(当選12回)。第2次池田内閣の経済企画庁長官をはじめ,通産相,外相,官房長官,蔵相などを歴任。61年から宮沢派をひきい,平成3年首相。10年小渕(おぶち)内閣の蔵相,12年森内閣,第2次森内閣,第2次森改造内閣でも留任。15年引退。平成19年6月28日死去。87歳。東京出身。東京帝大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みやざわきいち【宮沢喜一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

宮沢喜一
みやざわきいち
(1919―2007)
政治家。東京都生まれ。東京帝国大学法学部を卒業し、1942年(昭和17)大蔵省入省。池田勇人(はやと)の秘書官として政界入りし、サンフランシスコ講和前後の日米交渉で活躍した。1953年参議院広島地方区で自由党から初当選、1967年の総選挙で衆議院に鞍替えして当選。1962年池田勇人内閣で経済企画庁長官として初入閣、以来官房長官、通産相、外相、蔵相を歴任。吉田茂、池田勇人以来の保守本流の路線を歩み、鈴木善幸(ぜんこう)の後を受けて宏池(こうち)会を率いて政権獲得を目ざすが、1987年中曽根康弘(なかそねやすひろ)の後継者争いで竹下登に敗れる。竹下内閣の蔵相時代リクルート社からの未公開株譲渡が発覚(リクルート事件)、辞任する。1991年(平成3)竹下派の支持で首相に就任、1992年PKO協力法を成立させた。同年夏の参議院選挙で大勝したが、東京佐川急便事件の発生、金丸信(かねまるしん)前自民党副総裁の逮捕、竹下派の分裂により政権基盤が動揺した。その後政治改革実現を求める世論にもかかわらず、1993年6月改革を断念したため自民党が分裂、野党提出の内閣不信任決議案が可決されて衆議院解散に追い込まれ、7月の総選挙に自民党が大敗、8月5日に退陣した。以降も衆議院議員をつとめたが、2003年(平成15)11月の総選挙で出馬を辞退、引退した。[伊藤 悟]
『宮沢喜一著『戦後政治の証言』(1991・読売新聞社) ▽宮沢喜一著『21世紀への委任状――Sprits the testimony』(1995・小学館) ▽宮沢喜一著『新・護憲宣言――21世紀の日本と世界』(1995・朝日新聞社) ▽宮沢喜一著、五百旗頭真他編『宮澤喜一 保守本流の軌跡』(2006・朝日新聞社) ▽御厨貴・中村隆英編『聞き書宮澤喜一回顧録』(2005・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮沢喜一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮沢喜一の関連情報

関連キーワード

マイケル フェルプスライアン ロクテライアン ロクテアーロン ピアソルアーロン ピアソルアリソン フェリックスマーリーン オッティカースティ コベントリーカースティ コベントリーマイケル フェルプス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.