Rakuten infoseek

辞書

宮本武蔵【みやもとむさし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮本武蔵
みやもとむさし
[生]天正12(1584).播磨/美作
[没]正保2(1645).5.19. 肥後
江戸時代初期の剣客,画家。出自については確説がなく,新免無二斎の養子または子。母の家を継ぎ,宮本武蔵義恒または玄信 (政名?) と名のった。号は二天。若年より諸国をめぐって武者修行に励み,二刀流を案出して二天一流剣法の祖となった。佐々木小次郎との試合をはじめ生涯 60回あまりの勝負に一度も負けたことがないと伝えられ,晩年は肥後藩主細川忠利に仕えた。自著『五輪書』は武道の奥義を記した兵法書として有名。余技として絵筆をとり,十数点の水墨画の遺品がある。禽鳥類の描写を得意とし,その筆法宋元画減筆体を根底にして剣客らしい覇気に満ちている。絵のほか書にも優れたものがある。主要作品『枯木鳴鵙図 (こぼくめいげきず) 』 (久保惣記念美術館) ,『鵜図』 (永青文庫) ,『布袋観闘鶏図 (ほていとうけいをみるのず) 』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮本武蔵
みやもとむさし
吉川英治の長編時代小説。 1935~39年,『朝日新聞』連載。さまざまな試練を経て剣禅一如の哲人に成長していく宮本武蔵を描いて,多くの読者を集め日本の国民文学という評価を得ている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みやもと‐むさし【宮本武蔵】
[1584ころ~1645]江戸初期の剣術家。播磨(はりま)あるいは美作(みまさか)の人。名は玄信。号、二天。剣の修行のため諸国を巡り、二刀流を編み出し、二天流と称した。佐々木巌流との試合に勝ち、晩年は一時熊本藩主細川家に仕えた。水墨画にも長じた。著「五輪書」。
吉川英治の時代小説。武者修行に出た宮本武蔵の成長を描く。昭和10~14年(1935~1939)に朝日新聞で連載された。昭和29年(1954)、稲垣浩監督により映画化。米国の第28回アカデミー賞にて外国語映画賞名誉賞受賞。
川村晃による評伝。昭和59年(1984)、成美堂出版の「物語と史蹟をたずねて」シリーズの1作として刊行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宮本武蔵 みやもと-むさし
1584-1645 江戸時代前期の剣術家。
天正(てんしょう)12年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)または美作(みまさか)(岡山県)の人で,父は一説に新免無二斎。二天一流をひらく。生涯六十余度の試合に不敗をほこり,吉岡一門,佐々木小次郎との決闘が名だかい。晩年は肥後熊本藩の客分となった。水墨画にもすぐれ,代表作に「枯木鳴鵙(こぼくめいげき)図」など。正保(しょうほ)2年5月19日死去。62歳。名は玄信。号は二天。著作に「五輪書」など。
【格言など】我(われ)事において後悔せず(「独行道」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

宮本武蔵
1944年公開の日本映画。監督:溝口健二、原作:菊池寛、脚色:川口松太郎、撮影:三木滋人。出演:河原崎長十郎田中絹代、中村翫右衛門ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮本武蔵
吉川英治の長編歴史小説。代表作のひとつ。1935~39年、朝日新聞に連載。剣豪・宮本武蔵の成長を描く、大衆小説の代表作。市川新之助(市川海老蔵)主演のNHK大河ドラマ武蔵 MUSASHI」(2003)、役所広司主演のNHK新大型時代劇「宮本武蔵」(1984-85)の原作。その他映画化されたものとして、片岡千恵蔵主演シリーズ五部作(1940-43)、三船敏郎主演三部作(1954-56)、中村錦之助主演シリーズ五部作(1961-65)、高橋英樹主演の同名映画(1973)がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮本武蔵
司馬遼太郎の長編歴史小説。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮本武蔵
1961年公開の日本映画。監督:内田吐夢、原作:吉川英治による同名小説、脚色:成澤昌茂、鈴木尚之、撮影:坪井誠。出演:中村錦之助、風見章子、入江若葉、木村功浪花千栄子、阿部九洲男、三國連太郎ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮本武蔵
1954年公開の日本映画。監督・脚本:稲垣浩、原作:吉川英治、脚本:若尾徳平。出演:三船敏郎、三國連太郎、尾上九朗右衛門、水戸光子岡田茉莉子、八千草薫ほか。第28回アカデミー賞名誉賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みやもとむさし【宮本武蔵】
1584‐1645(天正12‐正保2)
江戸時代初期の剣豪。二天一流(円明流,武蔵流ともいう)剣法の祖。《五輪書》の著者。二天と号した。日本の剣道史上最も著名な剣豪の一人で,小説,舞台,映画などにもなっているが,伝記については必ずしも明らかではない。出生地についても,播磨(兵庫県)の宮本村説と美作(岡山県)吉野郡宮本村説がある。《五輪書》では播州の出生とする。父(養父とも)は新免無二斎。《五輪書》によれば,武蔵は幼少のころから兵法を心がけ,13歳ではじめて試合をして勝ち,28~29歳まで60余度の試合に一度も負けなかったといわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

みやもとむさし【宮本武蔵】
剣豪宮本武蔵を主人公にした,吉川英治の長編小説。1935‐39年東京・大阪の両《朝日新聞》に連載。全6冊として36‐39年刊。青年武蔵(たけぞう)が功名心に燃えて幼友達の又八とともに関ヶ原合戦に参加し敗北を体験するところから始まり,沢庵を導師として人間的に開眼,剣禅一如の境地を求めて歩みつづけ,佐々木小次郎との船島(巌流島)での運命的な対決にいたる。お通との純愛,吉岡一門との決闘など小説のおもしろさをたっぷりと盛り込みながらも,柳生石舟斎や本阿弥光悦らとの出会いを通して武蔵の人間形成をたどっており,一種の成長小説としても読まれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みやもとむさし【宮本武蔵】
1584~1645) 江戸初期の剣豪。美作みまさかの人という。名は政名、号は二天。諸国を修業して二天一流を創始し、吉岡清十郎・佐々木小次郎を破ったことで名高い。水墨画をよくした。水墨画「枯木鳴鵙げき図」、著「五輪書」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みやもとむさし【宮本武蔵】
小説。吉川英治作。昭和一〇~一四年(一九三五‐三九)発表。故郷をあとにした一七歳の武蔵が、周防国(山口県)船島で佐々木小次郎と対決するまでの波瀾に満ちた半生を描く。剣禅一如を理想とする武蔵の求道精神は広く当時の人々の共感を呼んだ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みやもと‐むさし【宮本武蔵】
江戸初期の剣豪。名は玄信のほか、政名、義恒などが伝わる。二天と号す。平田(新免)無二斎武仁の子。美作国または播磨国の生まれという。若年から諸国を修行し、生涯六〇余回の勝負に一度も敗れたことがなかったといわれ、巖流島で佐々木小次郎を倒したことは名高い。二刀による剣法を工夫し、「二天一流」を創始、武道の奥義を説く「五輪書」を著わした。絵画や彫刻にもすぐれ、「枯木鳴鵙(めいげき)図」などが伝えられている。天正一二~正保二年(一五八四‐一六四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

宮本武蔵
みやもとむさし
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治27.6(東京・真砂座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮本武蔵
(通称)
みやもとむさし
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
敵討厳流島 など
初演
元文2.夏(大坂・あやめ座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮本武蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮本武蔵の関連情報

関連キーワード

安土桃山時代(年表)イワンウィレムイワン池田恒興フョードル1世マウリッツ森長可小牧・長久手の戦い

他サービスで検索

「宮本武蔵」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.