Rakuten infoseek

辞書

宮廷風恋愛【きゅうていふうれんあい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮廷風恋愛
きゅうていふうれんあい
amour courtois
ヨーロッパ中世の封建制度下,騎士による主君の奥方への恋愛 (感情) 。主君と騎士との主従関係になぞらえたもので「恋愛の封建性」ともいわれる。古典古代にあって,女性の地位は低く,男性の同性愛が高次元のものとみなされていた。中世では第一次十字軍 (1096~99) 後に,留守を預る奥方の発言権は増し,貴族の女性の教養は高くなり,宮廷内での主導権を握ることとなる。宮廷生活の作法,行事,慣習など洗練の度合いが増し,奥方と騎士との対異性間の愛は常に女性上位であり,階級原理に貫かれている (語源となる中世フランス語では「農民」を表す語は「下賤な」 vilainに通じ,「宮廷風の」 courtoisに対立。ちなみに courtとは宮廷の意味) 。この原理に基づき,12世紀末,アンドレ・ル・シャプラン André le Chapelainは「宮廷風恋愛」を定義づけ,判例集を著わすが,あくまで当時の貴族社会の風潮を示したもので,作者の肯定見解か,否定見解かは不明である (『恋愛術』 De Amore) 。
「宮廷風恋愛」という語は,12,13世紀の作家自身によって使われることはなかった。 1883年フランス文献学者によって使われるようになった。アーサー王の配下にある「円卓の騎士」の中でもっともすぐれた騎士,ランスロの王妃グニエーブル Gunièvreへの絶対的な愛 (恋愛至上主義に貫かれているが,不倫) を名指してのものであった。中世の作家たちがこの現象を示すのに用いた名称は,「至上の愛」 fin'amour (finとは,完全な,もっとも洗練されたの意味) であった。未婚の女性は対象外であるし,婚姻 (政略上の方便) はここで批判され,人間関係を律する封建制度の枠内で感性や情念も律せられる時代精神を反映している。したがって,「情熱恋愛の神話」といわれる『トリスタンとイズー』は,騎士トリスタンと伯父の妃イズーとの不義が問題であるにしても,平等原理に立ち,厳密には「宮廷風恋愛」とは別系であり,さらに普遍的性格をもつといえよう。
12世紀前半の南フランスの詩人たちトルバドゥールでは,「愛」が擬人化され,恋する者はみずから「青春」という擬人化と同一視し,至福と試練 (擬人化「告げ口」など) のはざまに常にあった。最初のすぐれたトルバドゥール,アキテーヌ公ギヨーム9世の孫娘アリエノール Aliénore d'Aquitaineがフランス王ルイ7世との結婚 (1137) ,ついで離婚 (52) と同年の再婚 (プランタジネット朝のヘンリー2世) の結果,時代を代表する文芸擁護者アリエノール Aliénore d'Aquitaineの宮廷と南フランスの先進的文化が北上することとなった。これは現在の英仏におけるフランス語の移植と文学の伝播を意味し,2人の王との間の子供たちも北フランス語詩人たちトルベール trouvèreの擁護に力を注いだ (印刷術の発明以前,この役割の重要性は高い) 。トルバドゥールの叙情詩の青春は騎士=若者のイメージと重なり,武道と同時に精神的向上 (恋愛は人間関係の至上の形式) を目指すことが要請される土壌が培われて,ロマンスの重要なテーマとなる。「宮廷風恋愛」はフランス文化の普及であり,約 20年後にはドイツなどヨーロッパ的スケールで同一現象が 12,13世紀に集中して観察される。これは文学の実生活への影響 (想像界の現実支配) という観点からもみられるべきであろう。文学以外に証言を求めることが困難なため,「宮廷風恋愛」の存在を否定する見解もあるが,行過ぎとみるべきであろう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

宮廷風恋愛
一二~一四世紀ヨーロッパで流行した優雅な愛の作法。騎士が貴婦人の美と徳を理想化する。南仏のトゥルバドールの叙情詩で発達、中世ヨーロッパ文学の重要な題材となった。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

きゅうていふうれんあい【宮廷風恋愛】
11世紀末から12世紀にかけて,南フランスに始まって北フランスさらにヨーロッパ各地の上流社会に広まった恋愛観念。とくに南フランスの抒情詩人トルバドゥールたちによって中心主題として歌われ,封建制度と当時の宗教的感情を基盤として確立するにいたった。宮廷風恋愛amour courtoisとは後世の呼称で,当時は雅(みやび)の愛fin’amorとよばれ,(1)対象は上層貴族階級の人妻に限る(夫婦間にこの愛はありえない),(2)プラトニックではなくて官能的な愛ではあるが容易に充足されてはならない,(3)嫉妬深い夫やさまざまな障害によってかえって強められねばならない,(4)秘められた恋であり,とくに女性の名は明かされてはならない,などの厳しい条件があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

宮廷風恋愛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮廷風恋愛の関連情報

他サービスで検索

「宮廷風恋愛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.