Rakuten infoseek

辞書

宮崎県【みやざき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮崎〔県〕
みやざき
面積 7735.31km2(境界未定)。
人口 110万4069(2015)。
年降水量 2508.5mm(宮崎市)。
年平均気温 17.4℃(宮崎市)。
県庁所在地 宮崎市
県木 フェニックス(→カナリーヤシ),ヤマザクラ,オビスギ(飫肥杉。→スギ)。
県花 ハマユウ(→ハマオモト)。
県鳥 コシジロヤマドリ(→ヤマドリ)。

九州の南東部,日向灘に臨む県。北部-西部は九州山地で,南西部には霧島火山群,南部には標高 1000m内外の鰐塚山地がある。宮崎平野の西部には茶臼原,西都原などと呼ばれる洪積台地がある。五ヶ瀬川,耳川,一ツ瀬川,大淀川などが南東流し,日向灘に注ぐ。気候は温暖多雨で,南東部の海岸は無霜地帯。日本建国にまつわる神話,伝説の地で,古墳が多く,上代文化の中心地であった。8世紀初頭に日向国の範囲が確立。平安時代以後日本最大の島津荘ほか多くの荘園が置かれ,鎌倉時代からは特に島津氏の支配が長かった。豊臣秀吉の九州統一後は分断統治がはかられ,江戸時代は延岡(県),高鍋(財部),佐土原,飫肥(おび)の各藩のほか,諸県地域(薩摩藩領),椎葉米良地域(人吉藩領)に分割。富高(日向市)には元禄5(1692)年に日田代官(大分)の手代所(陣屋)が置かれ,その管理する天領も 29村に及んだ。明治4(1871)年廃藩置県時には,従来の区分をそのままに延岡県など 6県が誕生。その後分離合併を繰り返して,1883年現在のかたちの宮崎県となった。農業県の性格が強く,米作を主に,風水害を避けるための早期栽培や機械化が積極的に進められ,複合経営化も進んでいる。宮崎平野ではキュウリ,トマト,ピーマン,カボチャの施設園芸が盛んで,阪神,京浜地方へ高速フェリーで出荷される。都城盆地ではチャ(茶)の集団栽培,畜産が発達。霧島山麓では集約酪農が盛んである。山地が広く飫肥杉など木材を産し,県北部地域ではシイタケの生産が多い。沿岸を黒潮が流れ,日南市の油津はカツオ,マグロ漁業の根拠地。新産業都市に指定されていた日向延岡地区は東九州開発の拠点となっているが,延岡市の化学工業,日南市のパルプ工業を除いては農産加工や林産加工などの小規模なものが中心。霧島錦江湾国立公園日南海岸国定公園日豊海岸国定公園祖母傾国定公園九州中央山地国定公園と,六つの県立自然公園がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

宮崎県
九州地方南東部に位置する県。山地が多く、北西部には九州山地がひろがる。東部は日向灘に面する。気候は温暖多雨で、日照時間が長い。農業・林業が盛ん。県花は、はまゆう。県木は、フェニックス・ヤマザクラ・オビスギ。県鳥は、コシジロヤマドリ

[宮崎県のブランド・名産品]
青島ういろう | 門川金鱧 | 門川太鼓 | かるい | 完熟きんかん | 完熟マンゴー「太陽のタマゴ」 | 北浦灘アジ | 紅渓石硯 | 五ヶ瀬やまめ | ごったん | 小林籐工芸品 | 小松原焼 | さつま絣 | 佐土原なす | 佐土原人形 | 四半的矢 | 神代独楽 | 大漁旗 | 高千穂神楽面 | てご | 日州透かし象嵌 | 延岡五月幟 | のぼり猿 | (日之影・綾)竹工芸品 | ひむかの矢・久宗の矢 | ひむか本サバ | 日向榧碁盤・将棋盤 | 日向(霧島・綾)竹刀 | 日向剣道防具 | 日向工芸家具「漆塗」 | 日向夏 | 日向はまぐり碁石 | 日向焼 | 法華岳うずら車・久峰うずら車 | 本場大島紬 | 魔よけ猿 | マルチ日南1号 | 都城大弓 | 都城木刀 | みやざきオリジナルスイートピー | みやざきフレッシュスイートコーン | 宮崎カンパチ | 宮崎牛 | みやざき京いも | みやざき黒皮かぼちゃ | 宮崎漆器 | みやざき地頭鶏 | みやざき新玉ねぎ | 宮崎ちりめん | 宮崎手漉和紙 | 宮崎手紬 | 宮崎のピーマン | 宮崎の本格焼酎 | 宮崎ハーブ牛 | 宮崎ハマユウポーク | みやざきぶどうサニールージュ | みやざきフレッシュいちご | みやざきフレッシュグリーンアスパラガス | みやざきフレッシュにら | みやざきへべす | みやざき洋種かぼちゃ | 宮崎ロクロ工芸品 | みやざきワンタッチキュウリ | めんぱ

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みやざき‐けん【宮崎県】
九州地方南東部の県。日向国にあたる。明治四年(一八七一)の廃藩置県により、延岡・高鍋・佐土原・飫肥(おび)・鹿児島・人吉の各県に分かれたが、同年美々津・都城(みやこのじょう)・八代の三県に統合され、さらに翌年には美々津・都城の二県に統合。同六年両県は合併して宮崎県が成立したが、同九年鹿児島県に編入された。のちに分県運動が盛んになり、同一六年現在の宮崎県が成立した。県庁所在地宮崎市。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みやざき‐けん【宮崎県】
宮崎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮崎県」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮崎県の関連情報

関連キーワード

宮崎[県]京都市の建物と景観大日本スクリーン製造羽曳野[市]ダンガノン・サウスティローンイスパニョーラ島乳がんミネソタ宮崎(県)宮崎県の要覧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.