Rakuten infoseek

辞書

宮崎安貞【みやざきやすさだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮崎安貞
みやざきやすさだ
[生]元和9 (1623). 安芸
[没]元禄10 (1697).7.23.
江戸時代前期の農学者。通称は文太夫。福岡藩黒田家に仕えた。諸国を巡歴し,老農に説を聞き,中国の農書,本草書を参考にして,元禄10(1697)年『農業全書』(11巻)を著した。筑前志摩郡女原村周辺で農業を営み,同時に植民興業に努めた。「宮崎開」と呼ばれる地名は,宮崎が私財をなげうち村民とともに開墾したところといわれる。大蔵永常佐藤信淵とともに,江戸時代の三大農学者と称される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みやざき‐やすさだ【宮崎安貞】
[1623~1697]江戸前期の農学者。安芸(あき)の人。筑前福岡藩に仕え、のち辞して農業を営み、西日本各地を巡って農業に関する見聞収集。「農業全書」を著した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宮崎安貞 みやざき-やすさだ
1623-1697 江戸時代前期の農学者。
元和(げんな)9年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩につかえたのち志摩郡女原(みょうばる)村(福岡市)で農業をいとなみ,近畿ほか各地で農事をまなぶ。40年の経験をまとめ,貝原益軒の助力もうけて元禄(げんろく)10年わが国初の体系的農書「農業全書」10巻を刊行した。元禄10年7月23日死去。75歳。安芸(あき)(広島県)出身。通称は文太夫。
【格言など】農術くわしからざれば五穀すくなくして,人民生養をとぐる事なし(「農業全書」序文)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みやざきやすさだ【宮崎安貞】
1623‐97(元和9‐元禄10)
江戸前期の農学者。通称は文太夫。広島藩士の次男に生まれ,25歳のとき筑前福岡藩に仕官した。30歳を過ぎて官を辞し,志摩郡女原(みようばる)村(,福岡市西区女原)に住み,みずから開墾に従事し農耕に励んだ。その間,先進地の農業を視察し,老農の体験を学んだ。また藩内では貝原益軒,その兄楽軒と交わり,とくに益軒からは中国の農書や本草書について啓発を受けた。益軒もしばしば彼の農園を訪ねている。こうして40年の努力の結果,本邦農書の原典と評価される《農業全書》の執筆と出版をみることができた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みやざきやすさだ【宮崎安貞】
1623~1697 江戸前期の農学者。安芸の人。通称は文太夫。各地の農業を見聞、筑前で農業を営み農民を指導。自らの経験と中国農書・本草書などをもとに「農業全書」を著す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宮崎安貞
みやざきやすさだ
(1623―1697)
江戸時代の農学者。安芸(あき)国(広島県)の人。広島藩士宮崎儀右衛門(ぎえもん)の二男として生まれ、25歳で、筑前(ちくぜん)国(福岡県)に至り福岡藩黒田忠之(くろだただゆき)(1602―1654)に仕え、禄(ろく)200石を給せられた。30歳ごろ勤めを辞し、筑前国志麻郡女原(みょうばる)村(福岡県西区周船寺町女原)に定住し、以後40年間、自ら農業を営み、開墾や植林に努め、農業指導にあたった。その間、農業の先進地といわれる地方をしばしば旅行し、各地の老農に学び、農業の実際を見聞した。彼の主著『農業全書』は1697年(元禄10)7月に刊行されているが、彼は同年同月の23日に没しており、刊本を手にしたかどうかさだかでない。『農業全書』は刊行後、多大の影響を世に与えたが、その完成までの貝原益軒(かいばらえきけん)および益軒の兄の楽軒(らくけん)(1625―1702)、また益軒の子の好古(こうこ)(1664―1700)との関係を無視することはできない。安貞は益軒より7歳年長であったが、よくその指導を受け、とくに中国明代の農書『農政全書』を手本とするようになったのは益軒の指導による。楽軒は『農業全書』の校閲と一部執筆などを行い、好古は出版に際して協力した。[福島要一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みやざき‐やすさだ【宮崎安貞】
江戸初期の農学者。安芸国(広島県)の人。武士を捨て農耕技術の研究を行なった。著に「農学全書」。元和九~元祿一〇年(一六二三‐九七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

宮崎安貞
みやざきやすさだ
1623〜97
江戸前期の農学者
広島藩士の子。初め福岡藩に仕えていたが,数年で致仕し,農業技術研究のため諸国を遍歴。帰郷後はみずから村民とともに農耕に従事し,指導と振興につとめた。また私財を投じて開墾を行った。1697年刊の『農業全書』10巻は,40年にわたる彼の体験や中国の農書などに基づく増産技術書で,明治時代に至るまで農政全般に影響を与えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮崎安貞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮崎安貞の関連情報

関連キーワード

ベルニーニヤン・ヨーステンカスパルルセナ日野輝資ルセナ黒田長政直方[市]徳川家光近衛信尋

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.