Rakuten infoseek

辞書

宮城道雄【みやぎみちお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮城道雄
みやぎみちお
[生]1894.4.7. 神戸
[没]1956.6.25. 刈谷
生田流箏曲家,作曲家。旧姓菅。旧芸名中菅道雄。 1915年宮城に改姓した。7歳の頃失明。2・3世中島検校に師事し,11歳で免許皆伝。 13歳から朝鮮に在住して箏曲を教授。 1909年処女作『水の変態』を作曲。 17年上京,19~21年3回の作品発表会を催して楽壇にデビュー。以来,箏曲の伝統を生かしつつ技法を拡大し,洋楽を摂取して新曲を発表。 20年より協力者吉田晴風 (尺八家) らとともに「新日本音楽」の名を掲げて作曲,演奏に活躍。 30年東京音楽学校講師,37年同校教授。 48年日本芸術院会員。 56年演奏旅行の途次,列車より転落して死亡。門流は「宮城会」として組織されている。主作品『秋の調』 (1918) ,『越天楽 (えてんらく) 変奏曲』 (28) ,『春の海』 (29) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みやぎ‐みちお〔‐みちを〕【宮城道雄】
[1894~1956]箏曲(そうきょく)演奏家・作曲家。兵庫の生まれ。7歳ごろ失明。尺八家吉田晴風らとともに新日本音楽運動を起こし、邦楽界の改新に努力。洋楽器との合奏などを試み、また、邦楽器の改良や発明にも尽くした。作「水の変態」「春の海」「越天楽変奏曲」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宮城道雄 みやぎ-みちお
1894-1956 大正-昭和時代の箏曲(そうきょく)家。
明治27年4月7日生まれ。幼時に失明して生田流(いくたりゅう)中島検校(けんぎょう)に入門。尺八の吉田晴風らと「新日本音楽」を提唱し,創作と演奏活動に多彩な活躍をした。代表曲に「春の海」「越天楽(えてんらく)変奏曲」など。東京音楽学校(現東京芸大)教授,芸術院会員。昭和31年6月25日東海道線の列車から転落死。62歳。兵庫県出身。旧姓は菅。著作に「雨の念仏」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みやぎみちお【宮城道雄】
1894‐1956(明治27‐昭和31)
生田流箏曲家・作曲家。神戸に生まれる。旧姓菅(すが)。眼疾のため幼時に失明。箏曲・地歌を生業に選び神戸の2世中島検校に入門。続いて3世中島検校に師事。1905年免許皆伝,中菅の芸姓を許され,師の代稽古を務める。07年朝鮮の仁川に移住,箏曲教授を開始。作曲をも志して14歳で処女作水の変態》を作曲。10年京城(ソウル)に移住。13年結婚,妻の親戚の宮城姓を継承。その間も神戸の旧師や熊本の三味線の名手長谷検校に師事して研修を続けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みやぎみちお【宮城道雄】
1894~1956) 箏曲演奏家・作曲家。兵庫県生まれ。六歳頃失明したが、生田流中島検校に師事して箏を学び、早くから演奏・作曲に活躍。古来の楽器の改良に努力し、東京芸術大学で指導に当たった。作品「水の変態」「春の海」「桜変奏曲」「越天楽変奏曲」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宮城道雄
みやぎみちお
(1894―1956)
生田流(いくたりゅう)箏曲(そうきょく)演奏家、作曲家。本姓菅(すが)。前芸名中菅道雄(なかすがみちお)。4月7日神戸市に生まれる。7歳ごろ失明し、8歳で神戸の2世中島検校(けんぎょう)に入門。2年後師匠が病没し、3世中島検校に師事、11歳で免許皆伝となる。13歳のとき、一家の生計を支えるため朝鮮半島に渡り、父の在住する仁川(じんせん/インチョン)で箏(こと)の師匠となる。修行なかばで師のもとを離れた彼は既習曲の反復だけでは飽き足らず、作曲を志し、1909年(明治42)『水の変態』を作曲。翌年京城(現ソウル)に移住、1913年(大正2)入婿して改姓し、芸名をやめて本名の宮城道雄を名のる。1914年、尺八家吉田晴風(よしだせいふう)に会い生涯の親友となる。宮城は朝鮮時代にもたびたび神戸の旧師中島や熊本の地歌(じうた)名手長谷幸輝(ながたにこうき)を訪れて修行を積み、1916年大検校の称号を受ける。1917年、先に上京した吉田に呼び寄せられて東京に赴き、1919年第1回作品発表会を東京・本郷中央会堂で、第2、第3回を東京音楽学校奏楽堂で開く。彼の才能は葛原(くずはら)しげる、高野辰之(たかのたつゆき)、山田源一郎、田辺尚雄(たなべひさお)ら洋楽系作曲家、評論家、学者などに注目され、助言や後援を受ける。1920年、本居長世(もとおりながよ)と協同で新作発表会を「新日本音楽」と銘打って開く。放送やレコード活動、さらに1923年から尺八家の初世中尾都山(なかおとざん)と組んで各地を演奏旅行し、その名声は全国的に広まった。またフランスのバイオリン奏者ルネ・シュメーは宮城の『春の海』(1929)を編曲して宮城と合奏し、それをレコードに吹き込み、世界的名曲ならしめた。1930年(昭和5)東京音楽学校講師、1937年同校教授となる。1948年芸術院会員。1950年NHK第1回放送文化賞受賞。1953年フランス、スペインの国際民族音楽舞踊祭に日本代表で参加し、絶賛を浴びた。昭和31年6月25日、関西への演奏旅行の途上、東海道線刈谷(かりや)駅付近で夜行列車から転落し、死亡した。
 宮城の功績は、箏曲の伝統に根ざしつつ洋楽を取り入れ新しい日本の音楽を創始した点にある。1921年に考案した十七絃(じゅうしちげん)を用いた大編成の合奏曲から童曲まで、作曲作品は300曲を超える。代表曲に『秋の調(しらべ)』(1919)、『落葉の踊り』(1921)、『さくら変奏曲』(1923)、『越天楽変奏曲(えてんらくへんそうきょく)』(1927)、『虫の武蔵野(むさしの)』(1932)、『道灌(どうかん)』(1936)、『日蓮(にちれん)』(1953)などがある。
 後継者に宮城喜代子(きよこ)(1905―1991。道雄の姪(めい)で、のちに養女。重要無形文化財保持者)があり、1951年(昭和26)に組織化された箏曲「宮城会」の主宰者を務めていた。また道雄没後の1978年には、宮城道雄記念館(東京都新宿区中町)が設立された。[平山けい子]
『吉川英史著『宮城道雄伝』(1979・邦楽社) ▽吉川英史・上参郷祐康著『宮城道雄作品解説全書』(1990・邦楽社) ▽小野衛著『宮城道雄の音楽』(1987・音楽之友社) ▽千葉潤之助、千葉優子著『宮城道雄音楽作品目録』(1999・宮城道雄記念館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みやぎ‐みちお【宮城道雄】
箏曲演奏家、作曲家。神戸出身。失明後、八歳で二世中島検校に入門。大正六年(一九一七)上京。尺八の吉田晴風らとともに「新日本音楽」運動を起こす。洋楽を取り入れた新傾向の作品を作り、演奏技巧を拡大。レコードや放送に活躍した。代表曲「水の変態」「春の海」「さくら変奏曲」など。明治二七~昭和三一年(一八九四‐一九五六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮城道雄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮城道雄の関連情報

関連キーワード

日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広野村芳太郎中平康川島雄三日清戦争ロシア映画

他サービスで検索

「宮城道雄」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.