Rakuten infoseek

辞書

宮地嘉六【みやちかろく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮地嘉六
みやちかろく
[生]1884.6.11. 佐賀
[没]1958.4.10. 東京
小説家。小学校中退後,職工生活を通じて労働運動に目ざめ,文学を志して上京貧苦に悩みながら『煤煙の臭ひ』 (1918) ,『騒擾後』 (19) ,『る職工の手記』 (19) ,『放浪者富蔵』 (19) などに労働者の生活を描いて労働文学の先駆をなした。第2次世界大戦後は飄逸な味をみせた『老残』 (55) で注目された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宮地嘉六 みやち-かろく
1884-1958 大正-昭和時代の小説家。
明治17年6月11日生まれ。少年期から(くれ)海軍工廠(こうしょう)などではたらく。大正2年上京して「奇蹟同人となり,また堺利彦,宮嶋資夫(すけお)らとまじわった。大正期労働文学を代表するひとりで,一貫して体験を写実的にえがいた。昭和33年4月10日死去。73歳。佐賀県出身。短編集に「或(あ)る職工の手記」「老残」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みやちかろく【宮地嘉六】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

宮地嘉六
みやちかろく
(1884―1958)
小説家。佐賀県に生まれる。小学校中退後、佐世保(させぼ)や呉(くれ)の海軍工廠(こうしょう)に働くかたわら、文学を志し、社会主義思想に近づいた。『奇蹟(きせき)』同人となって以後本格的に創作を試み、『煤煙(ばいえん)の臭(にお)ひ』(1918)、『或(あ)る職工の手記』(1919)、『放浪者富蔵』(1920)などを発表、大正期労働文学を代表する1人となった。やがて労働者階級の立場からは離れたが、家庭小説風な作品や自伝的小説などを通して、自己の体験に根ざした写実的手法を変えることなく描き続けた。第二次世界大戦後の作品には、自叙伝『職工物語』(1949)、小説集『老残』(1955)がある。[大塚 博]
『『宮地嘉六著作集』全6巻(1984~86・慶友社) ▽『現代日本文学大系49 宮地嘉六他集』(1973・筑摩書房) ▽森山重雄著『宮地嘉六論』(『実行と芸術』所収・1969・塙書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮地嘉六」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮地嘉六の関連情報

関連キーワード

キモトリプシン岡山県の要覧平成の大合併劉邦高祖劉邦馬王堆漢墓マラソンレース白金劉 邦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.