Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

宮内省【くないしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宮内省
くないしょう
(1) 令制における八省の一つ。太政官右弁官局に属し,1職,4寮,13司を管し,宮廷庶務を司った。 (2) 明治2 (1869) 年の太政官制改革によって設置された。 1885年内閣制度の実施によって他の行政官庁から独立し,皇室の庶務のみを取扱う機構となり,長官大臣となった。なお,1947年,新憲法発布とともに宮内府となり,49年に宮内庁改称

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くない‐しょう〔‐シヤウ〕【宮内省】
律令制で、太政官(だいじょうかん)八省の一。皇室の庶務・土木・用度などを取り扱った。
明治2年(1869)に設置され、皇室関係の事務を取り扱った官庁。→宮内庁

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くないしょう【宮内省】

[古代]
 令制の八省の一つ。職員は,卿,大・少輔各1人,大丞1人・少丞2人,大録1人・少録2人,史生10人,省掌2人など。所属官司は,大膳職大炊(おおい)寮内膳司造酒司,園池司,主水(もいとり)司筥陶(はこすえ)司,主殿(とのも)寮,主油司,内掃部(うちのかにもり)司,正親(おおきみ)司,官奴司,采女(うねめ)司典薬寮,内染司,木工(もく)寮,鍛冶司,土工司の1職4寮13司である。養老令での職掌は大膳職収納の調雑物,大炊寮収納の舂米(しようまい)の出納,供御(くご)稲粟等のための官田の経営,供御の食料生産と食膳や諸国から天皇へ進される珍味(贄(にえ)など)の食料の奏宣とするが,その前の大宝令では女丁の諸官司への分配も定められていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

みやのうちのつかさ【宮内省】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

宮内省
くないしょう

(1)古代官制における八省の一つ。太政官(だいじょうかん)右弁官に属し、令制(りょうせい)下では1職(しき)、4寮、13司を管し、宮内卿(きょう)以下が宮廷庶務のいっさいをつかさどった。

(2)近代では皇室事務の所管官庁。1869年(明治2)古代大宝令に準拠した太政官(だじょうかん)制により新設。長官は宮内卿。73年庶務、出納、内膳(ないぜん)、内匠、調度、御厩の6分課が定められた。85年内閣制度実施により、宮中と行政各官庁との区別がなされ、翌年の改革で、大臣官房以下、5職、6寮、4局が置かれた。89年に官制がより整備拡充され、大臣官房ほか、侍従、式部、皇太后宮、皇后宮、大膳の5職、内蔵、主殿、図書、内匠、主馬、諸陵の6寮、御料、爵位、侍医、主猟、調度、帝室会計審査の6局が置かれた。宮内大臣の職責は皇室に関するいっさいの事務を総判し、かつ華族を監督するものとされている。1946年(昭和21)部局縮小、49年宮内庁となり総理府(現内閣府)の管轄下となった。

[佐々木克]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くない‐しょう ‥シャウ【宮内省】
〘名〙
① 令制の太政官八省の一つ。皇室の用度、庶務、および土木工匠や、在京官人の食撰・医療、在京官衙の木工・土木・鍛冶などを管轄する。令制では大膳職、木工(もく)・大炊(おおい)・主殿(とのも)・典薬(てんやく)寮のほか、正親(おおきみ)・内膳(ないぜん)・造酒(みき)・采女(うねめ)・主水(もいとり)司を管す。卿一人、大少輔各一人、大丞一人、少丞二人、大録一人、少録二人、主醤二人、主菓餠二人、膳部一六〇人などから構成される。みやのうちのつかさ。
※令義解(718)職員「宮内省〈管職一。寮四。司十三〉卿一人〈掌出納。諸国調。雑物。舂米。官田及奏宣御食産。諸方口味事〉」
② 明治二年(一八六九)設置された官庁。皇室関係の一切の事務を取扱う。明治一八年、他の行政官庁から切離され独立的性質を得た。昭和二一年(一九四六)縮小され、二二年宮内府、二四年宮内庁となる。
※開化問答(1874‐75)〈小川為治〉初「御自分さまは宮内(クナイシャウ)といふ御役所の御賄ひにて一年纔(わづか)六十萬両位の御くらしでござる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みやのうち‐の‐つかさ【宮内省】
〘名〙
① 令制の太政官八省の一つ。皇室の食饌、医療などのことや、在京官人の食饌、医療や、在京官衙(かんが)の木工、土工、鍛冶などのことをつかさどる官庁。くないしょう。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
② 宮内省の官人。
※書紀(720)天武九年七月(寛文版訓)「納言(ものまうすつかさ)兼宮内卿(ミヤノウチノツカサ)五位舎人王病みて死なんと臨(す)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

宮内省
くないしょう
①律令制下の中央行政官庁。八省の一つ
②明治初年に設置された,皇室関係の中央官庁
太政官の右弁官に属し,宮中の経済・庶務をつかさどった。宮内卿以下四等官があり,1職・4寮・13司を統轄した。
1869年太政官制で設置され,'85年内閣制度発足により他の行政官庁より独立。第二次世界大戦後宮内府,ついで宮内庁となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮内省」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宮内省の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.