Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

室町殿【むろまちどの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

室町殿
むろまちどの
花の御所,花亭ともいう。京都にあった足利将軍家の邸宅。将軍義満の造営にかかり,天授4=永和4 (1378) 年頃完成。北小路の北,室町の東にあった。室町幕府名称もこれに由来し,足利将軍の別称ともなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むろまち‐どの【室町殿】
京都市上京区にあった足利将軍家の邸宅。3代将軍足利義満が天授4=永和4年(1378)に造営。に多くの花を植えたので花の御所の名がある。
室町幕府。また、その将軍。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むろまちどの【室町殿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

室町殿
むろまちどの

足利(あしかが)将軍の邸宅。1378年(天授4・永和4)足利義満(よしみつ)の造営。京都北小路室町にあったのでこの名がある。南北二町、東西一町の広さで、寝殿造の形式であった。諸家から名木・名花を集め、四季花が絶えなかったところから、「花亭(かてい)」とか「花の御所」とかいわれた。1381年(弘和1・永徳1)には後円融(ごえんゆう)天皇の行幸(ぎょうこう)を仰いでいる。将軍の居所であるところから、幕府または将軍自身をさしていう場合もある。1476年(文明8)焼亡した。

[飯倉晴武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むろまち‐どの【室町殿】
[一] 足利義満の造営による京都室町にあった足利家の邸宅。別名「花の御所」とも。
[二] (一)から転じて、室町幕府および足利将軍の称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

室町殿
むろまちどの

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

室町殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

室町殿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.