Rakuten infoseek

辞書

【セン】

デジタル大辞泉

せん【宣】
勅旨をのべ伝えること。また、それを書き記した文書宣旨(せんじ)。
「内覧の―をかうぶりて」〈神皇正統記・一条〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん【宣】[漢字項目]
[音]セン(呉)(漢) [訓]のべる のる のたまう
学習漢字]6年
広く意向を述べ伝える。「宣言宣告宣誓
広く行き渡らせる。「宣教宣伝宣揚
天子や神が意向を述べる。「宣旨(せんじ)宣命(せんみょう)院宣(いんぜん)託宣勅宣
[名のり]すみ・つら・のぶ・のり・ひさ・ふさ・むら・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せん【宣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せん【宣】
勅旨を宣すること。宣旨。 准后の-を蒙る/平家 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん【宣】
〘名〙
勅旨を述べ伝えること。また、それを記した文書。宣旨。勅宣。
※九条公爵家所蔵延喜式裏文書‐宝亀四年(773)二月八日・太政官符案「被内臣正三位藤原朝臣宣偁、奉勅、件人等改本姓、賜安倍猨嶋姓者、省宜承知、准勅施行、符到奉行
愚管抄(1220)五「諸国七道へ宮の宣とて武士を催さるる文どもを」
官衙(かんが)の命令。また、将軍・諸侯などの出す命令。
※百座法談(1110)二月二八日「司馬いよいよ随喜して国内に宣をくだして仏法をなむあがめたてまつりける」
③ 広く告げ知らせること。ひろめること。宣伝。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん‐・す【宣】
〘他サ変〙 ⇒せんする(宣)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん‐・する【宣】
〘他サ変〙 せん・す 〘他サ変〙 広く告げ知らせる。また、一方的に重大なことを言いわたす。宣告する。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)四月甲午「従三位中務卿石上朝臣乙麻呂宣」
※清国に対する宣戦の詔勅‐明治二七年(1894)八月一日「朕、茲に清国に対して戦を宣す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

の‐た・ぶ【宣】
〘他バ四〙 (動詞「のる(宣)」に四段活用動詞「たぶ(賜)」の付いた「のりたぶ」の変化したもの) 「のたまう(宣)」に同じであるが、語の性質は「のとうぶ(宣)」に近い。
※大鏡(12C前)五「ぬしののたふ事も、あまのがはをかきながすやうに侍れど」
※書紀(720)天智一〇年正月(北野本訓)「冠位の法度(のり)の事を施(ノタヒ)行ひたまふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.