Rakuten infoseek

辞書

宣旨枡【せんじます】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宣旨枡
せんじます
延久4 (1072) 年に後三条天皇宣旨によって制定された公定枡鎌倉時代中期頃までは,京都をはじめ諸国の荘園でも広く使用されたが,室町時代に入ると衰えた。1京枡の約6合7勺 (約1l) にあたる。 (→ )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんじ‐ます【宣旨×枡】
延久4年(1072)後三条天皇の宣旨によって定められた枡。鎌倉時代まで公的に通用。1升が現在の約6合7勺にあたる。延久の宣旨枡。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんじます【宣旨枡】
延久年間(1069‐74)に後三条天皇の勅命によって制定された平安時代中期の公定枡。延久宣旨枡ともいう。律令制が崩壊していった平安時代に,荘園整理令と関連して採られた公定枡制定政策の所産である。その容積は《伊呂波字類抄》所載の寸法によれば,京枡(1升)の6合7勺余となる。平安時代中期から鎌倉時代にかけて,この枡の使用は京都を中心としてほとんど全国に及んだ。その計量の対象は公家関係の料米が多く,また伊勢大神宮役夫工米(やくぶくまい),諸法会の料米・灯油米等の神社・仏寺関係の米の場合が少なくない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

宣旨枡
せんじます
1072年(延久4)後三条(ごさんじょう)天皇により定められた公定枡。現行枡の約六合七勺(約1.2リットル)にあたる。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宣旨枡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宣旨枡の関連情報

関連キーワード

アルフォンソ6世(勇猛王)アルプ・アルスラーン郡山市議の待遇欧陽脩参天台五台山記米友仁マリクシャー良忍ダラム城

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.